• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • SRI、ボール生産増強へ

    編集部
    SNSでシェアする
      矢経済研究所の資料によれば、同社ボール販売の国内シェアは30%に達し、英国でも23%(スポーツマーケティングサーベイ社調べ)と高い市場占有率を誇る。また、石川遼プロとのボール使用契約も追い風となり、同選手が試合で使う『スリクソンZ-STAR XV』も好調な販売を記録している。さらに、米国など海外でも『スリクソンZ-STAR』シリーズが右肩上がりの販売を記録し、今年上期のボール売上高は前年同期比15・3%増の68億円に達しているという。   このような状況下、ゴルフボールを製造するピーティースミラバーインドネシア社とSRIスポーツの市島工場は、ともに稼働率が高水準で推移しており、今後の増販に対応するために生産能力の拡大を急いでいた。   インドネシアでの工場建設に伴い、米国におけるさらなるシェアアップや、成長市場の中国などでの販売強化を図り、スポーツ事業のグローバル展開に勢いをつけたいとのこと。   <ピーティースミラバーインドネシア工場の概要> ■会社名:P.T.Sumi Rubber Indonesia ■所在地:インドネシア・チカンペック市 ■生産開始:1997年(ゴルフボールの生産開始は1998年) ■資本金:100百万米ドル ■生産品目:自動車・モーターサイクル用タイヤ、ゴルフボール ■従業員数:約3500名(2010年6月末) ■既存敷地面積:230,000平方m   <新工場の概要と建設計画> ■名称:ゴルフボール第2工場(仮称) ■所在地:インドネシア・チカンペック市(既存工場近隣に用地を買収) ■着工予定:2011年3月 ■操業開始予定:2012年7月 ■敷地面積:40,000平方m ■投資総額:約14億円(全額ピーティースミラバーインドネシアによる投資)
    タグ
    ボール
    SRI
    スリクソン
    ゼクシオ