1. ニュース
  2. メーカー

910、トップ宣言デビュー

メーカー 編集部

 
タイトリストにとっては、正しく悲願だった。プーマへのコブラ売却により、今後タイトリストのクラブ事業が本格化する。その矢先の使用率トップだけに、タイトリストにとっては願ったり叶ったり。満を持して発表に漕ぎ着けたニュードライバーの格好の宣伝材料となったのだ。
 
タイトリスト・ドライバーをトップシェアに押し上げたのが、11月中旬に発売される『910』。ロフト、ライ角を独立して調整できる「デュアル・アングル・テクノロジー」を搭載。同社では、「このテクノロジー(シュアフィット・ツアー)により、一般ゴルファーの方がツアープロと同等のフィッティングを得ることができます」とアピールする。
 
シュアフィット・テクノロジーをネックに搭載したことで、フェード・ドロー・高弾道・中弾道など、16通りの弾道調整が可能になったというのだ。ヘッドは460cm3のD2、445cm3のD3の2種類をラインアップした。
 
PGAヨーロピアンツアーでロス・フィシャーが、USPGAツアーでチャーリー・ホフマンが『910』を使用してすでに優勝。日本でも丸山大輔、松村道央の両プロがシーズン中にも関わらず、『910』へのスイッチを果たした。
 
「前作の『909』に比べてボール初速が上がり、その結果20ヤードくらい飛距離が伸びました」とは、松村プロ。その日の体調によって弾道を調整できることが、最大飛距離を伸ばす要因にもなっているのだろう。
 
搭載シャフトは、フジクラと共同開発した「タイトリスト・モトーレ5.5」(価格:5万7750円)と、「ATTAS T2 6」(同:7万7700円)、「ツアーAD DJ」(同:7万7700円)、「ディアマナ アヒナ」(同:7万7700円)。 
 
スペックは総重量を306~322gに設定し、ツアーモデルらしい重量感を持たせる一方、長さも45~45.25インチに抑えた。シャフトも全モデルにおいて中調子タイプを導入、上級者や上級志向のゴルファーが求め始めた力強い中弾道をベースにしている。マーケットリサーチを徹底したことが、スペックにも表れているようだ。
 
ツアー使用率トップ、そしてタイトリスト初の弾道調整機能を搭載するなど話題性の高さも『910ドライバー』の魅力。クラブマーケットは全体的に低調だが、それを打破する起爆剤として業界内でも注目されるニューモデルだ。
 
なお、動画は9月15日の発表展示会を収録したもの。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • アルペン、人事異動のお知らせ

  • キャスコ、東京本社事務所移転のお知らせ

  • ニューモデル一堂に集結 「特設」サイトでゴルフ用品情報フルカバー

  • 三光精衡所、人事異動のお知らせ

関連記事

  • 新登場 ボーケイ・デザイン『SM8』浅重心でロフト通りの距離が打てる!

  • タイトリスト『Tシリーズ』アイアン試打!ミスがミスにならないは本当か?

  • 永井プロが試打!JBEAM G-801、ZⅡドライバーの評価は!?

  • 9月28日発売 タイトリストTS2・TS3ドライバーを徹底解説

  • ゼロ スリクソンで開発一新 ゼクシオとの切り分け術を動画説明

  • やさしく飛ばす「ゼロスリクソン」試打レビュー 反発エリア176%拡大でミスにも強い