1. ニュース
  2. メーカー

「T2」飛びます!飛びます!

メーカー 編集部

弾き感と操作性の良さを謳う『T2』は、高弾道シートを全長に配置することでロートルク化を実現。シャフト先端部の最適な剛性を保つことでインパクト時の鋭い加速を生み出すというもの。

また、弾き系シャフトの弱点である操作性の悪さを「リニアEIカーブ設計」で解消。もちろん、初代アッタスの素直なしなり感、操作性の良さ、安定感を踏襲している。

さらに、ねじれ特性としなり特性に着目し、その関係性を最適化。ロフト通りの弾道と、なめらかなヘッドターンが可能になり、あと一押しの飛距離を可能にしたという。

軽量モデル(40g、50g)には高弾性薄物シートを採用し、軽量にありがちな頼りなさ感を解消。それにより、しっかりと振り抜くことが可能となりヘッドへのパワー伝達がより効率的になる仕組みとなっている。

ラインアップは40g台、50g台、60g台、70g台、80g台の5モデル。フレックスはR3、R2、R、S、Xの5段階をモデル別にそれぞれ用意している。キックポイントは中調子(全モデル)となる。なお、4シリーズ(40g台)は、11月の発売予定。

ゴルフ練習場内で工房を営むゴルフクラフトインパクト(神奈川県)髙田真治さんによると、

「発売前から話題になっていたシャフトで、飛ぶように売れていますね『T2』は! その特徴は①弾き感がある、②球が捉まりすぎないので左に行かない、③初速が出る、の3点に集約されます。練習場併設の工房なので、お客様からは「初速が速いけど曲がらない」という声を多く頂戴します。

重量帯のライアップも豊富だから、FWも『T2』へリシャフトする傾向も。どちらかというとヒッター系で打ちにいく人、コースで力が入って引っかける人やスイングテンポが速くなる方がミートします」―。

と絶賛している。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 株式会社フラッグ、事業譲渡並びに商号変更に関するお知らせ

  • IOMIC、人事異動のお知らせ

  • アジルパートナーズ、事務所移転のお知らせ

  • ニューモデル一堂に集結 「特設」サイトでゴルフ用品情報フルカバー

関連記事

  • ボインの次は走る力士 『アッタス』尾和社長が次作でルール適合外シャフトの可能性語る

  • ボール初速UP+つかまり最大化「アッタスクール」 永井プロの試打レビュー

  • こんなにいいの!? ATTAS CoooL(アッタスクール)キャンペーン

  • 飛びの芯常識『ATTAS PUNCH(アッタスパンチ)』永井プロの評価は?

  • 8代目アッタスは『パンチ』、先行試打会を実施

  • アッタスブランドの宣伝大使になれる!