1. ニュース
  2. メーカー

5層構造で低HSでも飛ぶ『X8 501』

メーカー 編集部

この打ち出し角度については、ロボットテストで同社ドライバー『JPX AD』を使用。38m/sのヘッドスピードで他社24機種のボールと比較。他社よりも平均+0・5度の打ち出し角を実現したという。
 
また、ヘッドスピードが遅いゴルファーはコアを潰すことが出来ないといわれる。そのため求める飛距離が実現できないことが多いが、このボールは、コアを従来品より柔らかくすることと、4層目の高反発性能で求める飛距離を実現したボールだという触れ込みだ。
 
さらに、最高到達点から着地までの揚力を可能な限り持続させるのが、高弾道362シームレスディンプルのアウターカバー。新配合ソフトアイオノマーを素材に採用し、高い反発性能とソフトな打感を両立させているという。
 
販売目標は初年度8万ダース。販売促進活動として、「プラスワンキャンペーン」や「ゴルフ場オンコースキャンペーン」も行う。

問い合わせはミズノへ、0120~320~799。 


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • コーヅゴルフ、店舗移転のお知らせ

  • 株式会社フラッグ、事業譲渡並びに商号変更に関するお知らせ

  • IOMIC、人事異動のお知らせ

  • アジルパートナーズ、事務所移転のお知らせ

関連記事

  • ゴルフシューズ「WIDE STYLE」シリーズ3モデル発売

  • ミズノ 世界戦略モデル『ST200X』『ST200』ドライバー、『JPX200X』アイアン

  • 最年少現役高校生プロ、西郷真央がミズノと契約

  • ミズノ、組織一部変更と人事異動のお知らせ

  • ミズノ、人事異動のお知らせ

  • 日本のゴルファー向けのやさしさと禁断のβチタンを採用した Mizuno Pro MODEL-E/S