• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • 5層構造で低HSでも飛ぶ『X8 501』

    編集部
    SNSでシェアする
    この打ち出し角度については、ロボットテストで同社ドライバー『JPX AD』を使用。38m/sのヘッドスピードで他社24機種のボールと比較。他社よりも平均+0・5度の打ち出し角を実現したという。   また、ヘッドスピードが遅いゴルファーはコアを潰すことが出来ないといわれる。そのため求める飛距離が実現できないことが多いが、このボールは、コアを従来品より柔らかくすることと、4層目の高反発性能で求める飛距離を実現したボールだという触れ込みだ。   さらに、最高到達点から着地までの揚力を可能な限り持続させるのが、高弾道362シームレスディンプルのアウターカバー。新配合ソフトアイオノマーを素材に採用し、高い反発性能とソフトな打感を両立させているという。   販売目標は初年度8万ダース。販売促進活動として、「プラスワンキャンペーン」や「ゴルフ場オンコースキャンペーン」も行う。 問い合わせはミズノへ、0120~320~799。 
    タグ
    ボール
    ミズノ
    X8