1. TOP
  2. ニュース
  3. メーカー
  4. 低迷ドライバー市場に喝っ!

低迷ドライバー市場に喝っ!

 
キャロウェイも、ドライバーマーケットの現状について、「市場の落ち込みほどではないが苦戦しているのは確かです」と話す。そこで同社は来年、新ブランドの導入も含めて攻めのマーケティングでドライバーセールスのてこ入れを図るという。
 
今回発表されたドライバーは、『レガシー』のニューモデル『レガシーAPEX』(8万4000円~、2011年1月発売)、『ディアブロ Octane(オクティン)』(4万4100円、2010年12月発売)、そして、新ブランドの『RAZR HAWK TOUR(レイザー・ホーク)』と『RAZR HAWK』(ともに5万4600円~、2011年3月発売)だ。
 
最も注目されるのが『レイザー・ホーク』だろう。これは従来中・上級者向けブランドとして展開してきた『FT』の後継ブランドで、製品対象者も同じ層に向けて新展開を図るもの。イタリアのスポーツカー、ランボルギーニと戦略的提携を結び、今回は両社で新製法と新素材を開発、ともに製品に活用していくもの。
 
その新コンセプトが「フォージド・コンポジット」と呼ばれるもの。これは約2300万本の乱層炭素繊維に約6トンの圧力をかけて成型する鍛造製法。この製法の採用でより精密な重量配分が可能になったという。
 
新製法を活用したコンポジットボディに従来の「ハイパーボリック6-4チタンカップフェース」を採用したコンポジットヘッドだが、「『FTシリーズ』よりも妥協の無い重心設定で、ボールの打ち出し角度とスピン量の最適化を図りました」(キャロウェイ)
コンセプトは、ズバリ、”スピンで飛ばす”--。 
 
シャフトは純正品の他に、カスタムラインでグラファイトデザインの「ツアーAD DJ-6」と三菱レイヨンの「ディアマナ アヒナ60」を装着している(ともに7万3500円)。
 
無論、従来プロが使用していた『FT』の後継ブランドなことから、プロの使用も徹底していく。「キャロウェイ契約のほぼ全てのプロが来季からレイザー・ホークを使うことになるでしょう」とプロ戦略も一気に転換させていくようだ。
 
キャロウェイゴルフは、この『レイザー・ホーク』、『レガシーAPEX』を中心にドライバーセールスを一気に高める狙いで、プロモーションの柱を試打会、プロ使用率、そしてテクノロジーのアピールで据えていく。
 
なお、ウッドの『FT』の他、従来プロモデルとして展開してきた『Xシリーズ』のアイアンも来年から『レイザーX(エックス)』としてリニューアルされる。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • ダイヤコーポレーション、人事異動のお知らせ

  • マルマン、マジェスティ ゴルフに社名変更

  • DUNLOP GOLF 2018 AUTUMN/WINTER – ダンロップ Webカタログ

  • ヨネックス、人事異動のお知らせ

関連記事

  • ローグとエピックは何が違うのか。キャロウェイの庄司副社長に色々聞いてきました

  • キャリアグランドスラムに王手!ミケルソンがメジャー制覇

  • キャロウェイがセルヒオ・ガルシアとの契約を発表

  • 石川遼を納得させたキャロウェイの開発力

  • キャロウェイ、2013FW「新境地を切り開く」

  • 「今年からキャロウェイの深堀です!」