1. 『ゼクシオプライム』に新モデル登場

『ゼクシオプライム』に新モデル登場

メーカー
この記事は約 2 分で読めます。 96 Views

 
また、さらに低ヘッドスピードのゴルファーの飛距離向上と番手間の飛距離の適正化を目指した新シリーズとして『ゼクシオ プライム VP』ウッドを2011年年1月20日から発売する。税込価格は、ドライバーが1本9万4500円、フェアウェイウッド(#4、5、6)が各1本6万3000円。
 
 『ゼクシオプライム』ドライバーは、ヘッド全体に軽比重チタン素材を採用、重心の高さを変えずに深重心化を実現することにより、中低ヘッドスピードゴルファーに大きな飛距離を実現するというもの。そして、 ダンロップ独自のシミュレーション技術によりトウ側上部とヒール側下部の薄肉部分を拡大させることで、スイートエリアを従来モデルよりも拡大。これにより安定した飛距離とともに方向性も得られるという。
 
クラブ総重量は、従来モデルよりも2g軽い272g(46.5インチ・R)。30g台の軽量シャフト(新開発のゼクシオプライムSP-600)を装着することで、クラブ重量を軽くしヘッドスピードをアップさせるとのことだ。
 
『ゼクシオ』シリーズ全体の特徴でもある 高く伸びのある打球音も進化させた。ソールのトウ・ヒール全面にかけて配置した高さ5㎜のサウンドリブが、高く伸びのある心地よい打球音を生み出すという。
 
一方の『ゼクシオ プライム VP』ドライバーは、低ヘッドスピードでも最大飛距離を実現 するもの。ロフト角を16度に設定、打ち出し角度を上げ、さらにチタン素材より更に軽いカーボン素材をクラウン部とサイド部トウ側に配置した設計で、『ゼクシオプライム』よりもさらに低重心化を実現。低ヘッドスピードでもスピン量を増やすことなく、ボールが上がりやすく大きな飛びが得られるという。
 
ヘッドの仕上げは、『ゼクシオプライム』がゴールド、『同VP』がシルバーとともに高級感を演出。現行の『新・ゼクシオ』とは違う機能性やステイタス感を所有したいゴルファーへ一押しのニューモデル登場といえるだろう。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

    この人が書いた記事  記事一覧

    • 「元カノ」にも出会える? 東我孫子カントリークラブのペア・スクランブルコンペが熱いワケ

    • Yamaha Golf 2018 – ヤマハゴルフWebカタログ

    • 【今月のプレゼント】2018年2月12日(月)締切(N.S.PRO MODUS3ロゴ入りモレスキンノート、オウルのラウンドバッグ)

    • ジャパンゴルフツアー選手会会長に石川遼が最年少で就任

    関連記事

    • SRIスポーツ社名変更

    • SRI野尻社長、2012年入社式挨拶

    • SRIスポーツ人事異動

    • SRI、上海事務所で開所式を実施

    • 女子開幕戦に契約選手31名を送り込んだSRI

    • 高級感のある輝きと大きな飛びのゼクシオ プレミアム!!