1. 「コクのある打感と極上の切れ味」がコンセプトのアイアン

「コクのある打感と極上の切れ味」がコンセプトのアイアン

メーカー
この記事は約 2 分で読めます。 250 Views

同製品は、中・上級者に要求されるこだわりを基本に、分厚い打感と抜けの良さを実現。日本で初めてアイアンクラブを製造した同社の技術を結集した製品だという。
 
「コクのある打感と極上の切れ味」をコンセプトに、素材や製法、研磨技術など80年間蓄積された技術をもとにデザインされているとのこと。
 
特長は、あらゆるライからでも抜けの良さを追求した同社ウェッジでも好評な、「テトラグラインドソール」を踏襲したことに加え、打感がストレートに伝わるよう軟鉄・鍛造製法を採用したこと。
 
また、クラブの性能を左右する研磨処理は、その道およそ50年の職人が1つ1つ研磨するというこだわりようだ。
 
ヘッドデザインは、シンプルで飽きのこないやさしさとボールコントロールを重視した小振りなキャビティバック形状。
 
ヘッドの仕上げはニッケルクロム、シャフトはNSPRO950Hを装着(特別注文にて様々なシャフト、グリップにも対応)。セットは4~9番、PWの7本セットとなる。
 
問い合わせは森田ゴルフへ、072~675~6797。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • グローバルゴルフメディアグループ、事務所移転のお知らせ

  • マジェスティパター MJ181Mは狙ったラインをはずさない高級パター

  • perfect pro 2018 – パーフェクトプロWebカタログ

  • Golf Pride 2018 – ゴルフプライドWebカタログ

関連記事

  • “剛・柔・抜”の感覚を実現した森田ゴルフ渾身のアイアン