1. ニュース
  2. メーカー

マジェスティから3タイプのパター登場

メーカー この記事を書いた人:
 

同製品の素材は「軟鉄S18C」を使用しており、一般的な軟鉄S20C、S25Cと比較して炭素の含有量が少なく、硬度が低い素材だという。同素材を使用することにより、打球感がソフトとなり、思い通りのタッチを実現するというもの。その贅沢な素材から完全削り出ししたパターが『10SERIES』だ。
 
表面の仕上げはマジェスティアイアンで高い評価を得ているハードクロムIP。傷つきづらく精悍な輝きを保ち続けるという。
 
ラインアップは3種類。
 
MJ‐101P ピンタイプ』はパターの定番ともいえるモデル。インtoインのスイング軌道で距離感、方向性とも合わせやすい万能タイプ。(写真上)
 
MJ‐102LM Lマレットタイプ』は、インtoインのスイング軌道でインパクトの感覚によりタッチを合わせる上級者向けのモデル。(写真中)
 
MJ‐103M マレットタイプ』は、ストレートなスイング軌道でスイングの振り幅により距離を合わせるゴルファー向けで、方向性を合わせやすいモデルだ。(写真下)
 
長さは32インチ~37インチまで対応、0・25インチピッチでオーダー可能。ライ角は64度~75度で、1度ピッチでオーダー可能となる。
 
問い合わせはマルマンへ、03~5577~1140。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • チヨックス、事務所・店舗移転のお知らせ

  • 【終了しました】キャロウェイ『エピック フラッシュ』発表会LIVE配信

  • ミズノ、中藤博一氏がゴルフ事業部長を退任

  • 住友ゴム工業 川松英明執行役員スポーツ事業本部長 年頭所感

関連記事

  • マルマン、マジェスティ ゴルフに社名変更

  • ゴルファーの高齢化は最大の商機 マルマン松下専務の『マジェスティ』戦略

  • 「腕がなけりゃメシは喰えん!」マルマン杉山健三の極意を動画取材

  • 主役は杉山健三の「手」 マルマン『マジェスティ プレステジオ テン』発表

  • マルマン社名変更で「マジェスティゴルフ」誕生

  • マジェスティパター MJ181Mは狙ったラインをはずさない高級パター