1. ニュース
  2. メーカー

藤田寛之と共同開発『Fujitaマット1.5』登場

メーカー この記事を書いた人:
 

同製品は、藤田が練習時に使用していた特注パターマットを実際に商品化。特長は、マット全長が1・7m(有効長1・5m)で、スコアメイクのパッティング練習に特化していること。藤田いわく、「1・5mの距離に自信をつけることで、アプローチやティーショットの攻め方が楽になり、カップからの発想でゴルフの組み立てがガラリと変わる」という。
 
また、通常のカップ径は108mmだが、同製品のカップ径は63mmとなっており、繰り返し練習することで、実際のグリーンに立った時の大きな安心感、ストローク精度の向上を実現。マットセンターには、20mmの白いラインを入れることで、自然にストレートなストロークが身につくと同時に、実際のグリーンで仮想のラインをイメージさせる効果もあるという。
 
「このマットは構えや打ち方をトレーニングするというよりも、白いラインをなぞって小さなカップに入れることが目的です。繰り返して練習することで、自然と真っ直ぐなパッティングが打てるようになります」(藤田寛之)
 
まさに、「藤田イズム」満載の実戦パターマットの誕生だ。
 
問い合わせはタバタへ、0120~989~023。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • チヨックス、事務所・店舗移転のお知らせ

  • 【終了しました】キャロウェイ『エピック フラッシュ』発表会LIVE配信

  • ミズノ、中藤博一氏がゴルフ事業部長を退任

  • 住友ゴム工業 川松英明執行役員スポーツ事業本部長 年頭所感

関連記事

  • 好評! セキコウタロウシリーズ第2弾は『神の手』!?

  • パットの名手、藤田プロ推奨の『マルチカップ』登場

  • タバタ、折りたためる画期的な機能ティー『ポケッティー』発売

  • リアルなカップインの感覚を養う『玄関パターマット』

  • 傾斜も変えられる超実践的なパターマット

  • タバタから新素材採用のパターマット