• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • 月刊GEW 6月号でゴルフ業界の「円安事情」を特集

    クリーブランドがトップ奪取

    編集部
    SNSでシェアする
      ダレルサーベイが行った西陣レディスにおけるメーカー別シェアは、クリーブランドが18.8%でトップ。2位メーカーが16.2%、3位メーカーが12.0%とトップ争いは熾烈。数人が他のメーカーにスイッチしただけで、順位の入れ替えもあるだろう。そんな中、トップを死守するには製品力もさることながらツアーレップの活躍が大きな役割を果たしそう。   クリーブランドウエッジは、同社独自のレーザーミーリングテクノロジーとツアージップグルーブにより、安定したスピン性能が大きな特徴だが、今季のニューモデル『CG16』はかなりチャレンジングなウエッジ。なぜなら、従来のマッスルバックからキャビティバックへ大きなモデルチェンジを果たしたからだ。   プロ仕様=マッスルバックと認識していた関係者は、この路線変更に疑問符を投げかけたが、実際、フタを開けてみたらプロが飛びついた。今のところ女子選手の使用頻度が高いが、男子にもその流れが生まれるかもしれない。   ちなみに、SRIスポーツは今季から同社契約の星野英正選手のクラブ、バッグ、ウエアなどをクリーブランドに切り替えた。星野プロのアイアンは『CG16ツアー』、ウエッジは『CG15フォージド』のまま。ウエッジも『CG16フォージド』へスムースにスイッチできれば、より話題性が出てくるかもしれない。   写真は、今季から『CG16フォージド』を使用する森田理香子選手。
    タグ
    クリーブランド
    ウエッジ
    CG16