1. クリーブランドがトップ奪取

クリーブランドがトップ奪取

メーカー
この記事は約 2 分で読めます。 116 Views

 
ダレルサーベイが行った西陣レディスにおけるメーカー別シェアは、クリーブランドが18.8%でトップ。2位メーカーが16.2%、3位メーカーが12.0%とトップ争いは熾烈。数人が他のメーカーにスイッチしただけで、順位の入れ替えもあるだろう。そんな中、トップを死守するには製品力もさることながらツアーレップの活躍が大きな役割を果たしそう。
 
クリーブランドウエッジは、同社独自のレーザーミーリングテクノロジーとツアージップグルーブにより、安定したスピン性能が大きな特徴だが、今季のニューモデル『CG16』はかなりチャレンジングなウエッジ。なぜなら、従来のマッスルバックからキャビティバックへ大きなモデルチェンジを果たしたからだ。
 
プロ仕様=マッスルバックと認識していた関係者は、この路線変更に疑問符を投げかけたが、実際、フタを開けてみたらプロが飛びついた。今のところ女子選手の使用頻度が高いが、男子にもその流れが生まれるかもしれない。
 
ちなみに、SRIスポーツは今季から同社契約の星野英正選手のクラブ、バッグ、ウエアなどをクリーブランドに切り替えた。星野プロのアイアンは『CG16ツアー』、ウエッジは『CG15フォージド』のまま。ウエッジも『CG16フォージド』へスムースにスイッチできれば、より話題性が出てくるかもしれない。
 
写真は、今季から『CG16フォージド』を使用する森田理香子選手。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

    この人が書いた記事  記事一覧

    • Bridgestone Golf 2018 春夏 – ブリヂストンゴルフ Webカタログ

    • 写真で振り返る新製品発表会 ダンロップスポーツ「ゼクシオ10」

    • ローグとエピックは何が違うのか。キャロウェイの庄司副社長に色々聞いてきました

    • 【今月のプレゼント】2018年3月11日(日)締切

    関連記事

    • Cleveland Golf 2017 FW Webカタログ

    • Cleveland GOLF 2017 Webカタログ

    • 『CB-2008』にベストマッチの『MG-M01』ウエッジ

    • ツアーエッジのワンアウト ウエッジ

    • ダンロップスポーツ クリーブランド RTX F-GORGED

    • グラファイト制振材複合の次世代ウエッジ『EZONE N1‐W』