1. ニュース
  2. メーカー

オデッセイ『ホワイト・アイス DART』が3月度売上NO.1

 
次世代のD.A.R.T.(Direction Re-alignment Technology)アライメントシステムを搭載した「ホワイト・アイス ダート)は、アドレス時にターゲットに正しくセットアップできることに加えて、ストローク時にフェースのセンターでボールの中心部を射抜く意識ができるため、ボールの転がりが安定、正確な距離感でパッティングできるというもの。
 
パター上部に設計された矢印のようなデザインが印象的なモデルでもあるが、これについて店頭でもポジティブな意見が多く聞かれる。「まず、見た目ですね。すごく特徴的なのでお客さんが手に取りやすいですし、デザインが機能性を明確に表現しているので商品説明もしやすい。3月以降も売れているので、年末まで売れ続けると思います」(大阪のさる専門店)
 
肌で売れ行きを感じるゴルフショップが「今年のベストセラーになるのではないか!?」と期待を寄せている。
 
ツアーでの高い使用率も目立つ。国内女子ツアー開幕戦「ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント」で朴仁妃選手がこのモデルを使用して優勝している。また、キャロウェイゴルフ契約プロスタッフの甲田良美プロも使用中で、「ターゲットに対してとても構えやすいので、調子が悪い時に助けてもらっています」という使用感を口にする。
 
ツアーの使用率と市場評価が両輪で回り始めた『ホワイト・アイス ダート』。今後、製品の機能性が口コミで広がれば、トップモデルとしての座を磐石にする可能性が高い。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【終了しました】キャロウェイ『エピック フラッシュ』発表会LIVE配信

  • ミズノ、中藤博一氏がゴルフ事業部長を退任

  • 住友ゴム工業 川松英明執行役員スポーツ事業本部長 年頭所感

  • 『 Mグローレ』がドライバー売上6週連続1位 人気のワケとは

関連記事

  • オデッセイ、新シリーズ『WORKS』を発売

  • オデッセイ、『メタルエックスミルドパター』の追加モデルを発売

  • 最新フェースインサートを採用したオデッセイの新パターが登場

  • オデッセイパターのカスタムオーダーサービスを開始

  • 戦車のような安定感、タンクパター

  • ボールのソフト化にフィット