• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • 日本初上陸!ブラックウィドウグリップ

    編集部
    SNSでシェアする
    米国では2010年にテスト販売を行い、満を持して日本市場で販売を開始する。すでに米ツアー・ホンダクラシックの優勝者が使用していたなど、ツアーでも期待が持たれるグリップだろう。   『エッジ』は、振動吸収性が高いラバーを採用。柔らかい感触と独自の表面パターン「オフセット・ウェブ・トラクション・テクノロジー」によって実現されているモデル。左右だけでなく、上下方向にも指が引っかかり滑らないのが特長だ。『ツアーシルク』は、ソフトスパイクのトラクション・インターロッキングである「S」模様のパターンで、粘着性が高いベーシックなラバーグリップ。   『シグネチャーⅡ』は接触面積を最大化し、左右の引っかかりを最大限可能にしたモデル。こちらにも「ウェブ・トラクション・テクノロジー」が採用されている。『ウィドウ・メーカー』は上部がコード、下部にはトラクション・インターロッキングである「S」模様のパターンを採用したハーフコードモデル。今回発売された中では全天候型のグリップだという。    『トルク』はあらゆる天候条件でも、滑らないフルコードグリップ。斜めに切られた溝が深く、指の引っかかりも最大限効果を発揮するグリップだとか。『フュージョンⅡ』は、きめの細かい表面パターンで、柔らかさかが特長だ。   価格はすべてオープンだが、店頭予想売価は『エッジ』と『ツアーシルク』が630円、『シグネチャーⅡ』、『フュージョンⅡ』が1155円、『ウィドウ・メーカー』、『トルク』が1365円を想定している。   問い合わせはスポーツティエムシーへ、03~3769~5021。
    タグ
    スポーツティエムシー