1. ニュース
  2. メーカー

ヤマハがルール上限に迫る長尺ドライバー

メーカー 編集部

ターゲットはズバリ、ヘッドスピードが低下しがちなゴルファー。「インプレスX」シリーズの基本性能を継承しながら、ベテランゴルファー向けに味付けを行ったモデルである。

長尺ドライバーは、ヘッドスピードは上がるものの「球が吹きあがる」「打点がぶれる」「つかまらない」「振り遅れる」といった欠点も挙げられるが、新製品では、ルール上限に迫る長さと軽バランス(C3バランス)による「新長尺バランス理論」により、トータル飛距離を伸ばすことに成功したとか。

ヤマハが独自に行った100人のサンプル調査では、45インチD0バランスのクラブに比べ、ヘッドスピードが3・6m/sアップし、トータル飛距離も約17ヤードアップしたというから驚きだ。

デザインもI.P.(イオン・プレーティング)加工を施した高級感のあるソール、黒をベースにエッジを効かせたシルバーラインを採用し、力強い飛びを予感させる。

なお、ロフト角9・5度、硬度SRは特注対応となる。

問い合わせはヤマハへ、0120-808-562。


GEW VIRTUAL GOLF FAIR 2021

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ通に刺さる最新ギア情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ通に刺さる最新ギア情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • スポーツティエムシー、事務所移転のお知らせ

  • 久常 涼 南秋田カントリークラブみちのくチャレンジトーナメント 優勝

  • 藤倉コンポジット、人事異動のお知らせ

  • キャメロン・チャンプ選手がPGAツアーで優勝!

関連記事

  • ゴルフR&Dセンターを立ち上げたヤマハ「やりたいことをすぐカタチに」

  • 飛びに方向性をプラスした「インプレスUD+2」2021モデル

  • YAMAHA GOLF CATALOGUE 2020 – ヤマハゴルフ Webカタログ

  • 永井花奈 RMXのクラブで「11勝します(笑)」ヤマハとの契約で超強気

  • 藤田寛之・有村智恵・福田真未らとラウンドできる! 「ヤマハ ゴルフ ファンサミット」レポート

  • ヤマハ『インプレス UD+2』を購入するとプレー券が当たるチャンス