1. ニュース
  2. メーカー

R11シリーズに待望のアイアン

メーカー 編集部

『R11アイアン』では、フェース厚、フェースレングス、アンダーカットキャビティなど各番手に必要とされる最適な機能を追求し、番手毎に専用設計をするフローデザインを採用。また、すべての番手においてワイドソール設計による低重心化を施しながら、あらゆるライにおいて振り抜きの良さと操作性の高さを実現させたという。

さらに重心位置コントロールを可能にする新開発の「PWP」を重心位置の真後ろに搭載。従来、ウエイトをホーゼルに入れることでバランス調整を行っていたが、これにより設計上の重心位置と実際の重心位置のズレを解消したもの。

フェース面には新設計の溝形状を採用することで、従来の溝と比較し、ラフからのショットにおけるスピン量の向上を可能にしたとか。

装着シャフトはNSプロ950GHとカーボンがあるが、後者は先調子60g台の軽量タイプ「モトーレTM65i」を採用。価格:6本セット10万800円(カーボン)、8万8200円(スチール)

問い合わせはテーラーメイドゴルフへ、TEL03-3570-5500


GEW VIRTUAL GOLF FAIR 2021

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ通に刺さる最新ギア情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ通に刺さる最新ギア情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 久常 涼 南秋田カントリークラブみちのくチャレンジトーナメント 優勝

  • 藤倉コンポジット、人事異動のお知らせ

  • キャメロン・チャンプ選手がPGAツアーで優勝!

  • 住友ゴム、人事異動発表のお知らせ

関連記事

  • 記者発表を敢行したテーラーメイド 日本人は『SIM』よりも『SIMグローレ』が合う理由

  • テーラーメイド『SIM / SIM MAX』それぞれの違いは?M5、 M6からの進化は?

  • テーラーメイド『SIM』『SIM MAX』発表 M5、M6からの進化は空力効率

  • テーラーメイド『M5 / M6』を発表 M3 / M4からの進化は「スピード」

  • 『M5』と『M6』は何が違うのか?前作からの進化は?永井プロが詳しく解説

  • 問われるメーカーの説明力 斬新な機能をテーラーメイドはどう伝える?