1. キャロウェイアパレル、節目の10年を迎えて新境地

キャロウェイアパレル、節目の10年を迎えて新境地

メーカー
この記事は約 2 分で読めます。 242 Views

サンエーが『キャロウェイ』アパレルのライセンス生産を開始して、来年でちょうど10年。その節目でのチェンジだ。
 
『キャロウェイ』アパレルは事業拡大に伴い、『CHEV18』や『TWEETY』などの新ラインを立ち上げてきたが、来年からは原点である『Xシリーズ』と『コレクション』の展開に絞り込み、事業拡張を図っていく。
 
2012年SSの『Xシリーズ』の特徴は、従来通りファッションを全面に出しながらも機能性をアピールしていくこと。その目玉機能となるのが、シャツの接触冷感。これは生地にキシリトールパウダーを混入することで、着用時にヒンヤリとした心地よさが得られるもの。汗をかくほど生地の温度が低くなるのも特徴で、プレー中、常に清涼感が保てるスグレモノという位置づけだ。
 
また、従来はスリムフィットの流行で全体的なラインが細身になっていたが、これを嫌がる人もいることから、ゆったり着用できる「レギュラーシルエット」を「スリムシルエット」と並行して扱っていくのも新展開。『Xシリーズ』の中心価格はシャツが7000~8000円台、ショートパンツが9000~1万1000円台、そしてロングパンツが9000~1万3000円台。
 
『コレクション』(画像は2011年秋冬)は今までどおり、こだわり派をターゲットにしたライン。他とは違った、他にはない商品を提案することで、コアなファンの満足度をアップしてブランドステイタスの向上を図っていく。防寒機能のパフォーマンスを高めたダウンやパンツ、銀色に渋く光るシューズなど、個性的なモデルが目立つ商品構成が差別化に結びついている。
 
なお、動画は展示会の模様を収録したもの。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • キャスコ、役員選任のお知らせ

  • Lynx 2018 – リンクスWebカタログ

  • 日本シャフト、役員選任のお知らせ

  • グラファイトデザイン、役員選任のお知らせ

関連記事

  • キャロウェイ2018年度第一四半期、記録的好業績を発表

  • 永井プロが打ち比べ!キャロウェイのローグとエピックは何が違うのか!?

  • 写真で振り返る新製品発表会 キャロウェイ「ローグ」

  • ローグとエピックは何が違うのか。キャロウェイの庄司副社長に色々聞いてきました

  • キャロウェイ庄司副社長がローグを語る「技術は継いだが後継ではない」

  • キャロウェイの新ドライバーROGUE(ローグ)はエピックの後継機種じゃない!