1. ニュース
  2. メーカー

石川遼の飛びをアベレージゴルファーにも!

メーカー この記事を書いた人:
 

同ドライバーは、今年2月に発売された『タイプ450』の新スペックとして、ヘッドスピード36m/s~39m/sのゴルファーを対象に高い弾道でやさしく飛ばせるモデルとして開発されたもの。
 
また、EZONEドライバーの特徴であるフェースセンターに重心高を配置した「芯・重心設計」はそのままに、『タイプ450』に比べややシャローフェースで深い重心と大きな重心角に設計されているという。
 
さらに、シャフトには同社が5年の歳月をかけて開発したナノプリームを複合させた、『EZONE タイプ450E』ドライバー専用設計シャフト『NANOPREME NP50E』を装着するというこだわりようだ。同シャフトは、ナノプリームを複合したことで得られるしなり戻りの速さに加え、先端の剛性を柔らかくしたことで、より高弾道での飛距離アップが実現可能だという。
 
ロフトバリエーションは10.5度、11.5度の2タイプで展開。10.5度モデルにはクラブ長45.25インチモデルと46.25インチモデルを用意。フレックスはRのみの展開となっている。
 
同モデルは、遼くんファンのみならず、最近飛距離に衰えを感じ始めたアベレージゴルファーにとって、ビックキャリーの強弾道が期待できる待望のスペックといえるだろう。
 
なお、同ドライバー発売に合わせ『YONEX BIGドライブキャンペーン』を開催中。
 
詳しくはヨネックスへ、03~3833~3526。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • チヨックス、事務所・店舗移転のお知らせ

  • 【終了しました】キャロウェイ『エピック フラッシュ』発表会LIVE配信

  • ミズノ、中藤博一氏がゴルフ事業部長を退任

  • 住友ゴム工業 川松英明執行役員スポーツ事業本部長 年頭所感

関連記事

  • 森田遥にインタビュー ヨネックスのクラブはゴルファーにおススメ?

  • ヨネックス、人事異動のお知らせ

  • ヨネックス、人事異動のお知らせ

  • EZONE CB701でヨネックス林田草樹社長が真剣勝負 5番アイアンで200ヤード狙える

  • 片山晋呉謝罪会見の「質疑応答」を動画と解説記事で深掘り

  • ヘッドスピード30m/s前後の女性に向けたヨネックスの新モデル「EZONE GT」