• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • 300Y超!日本プロシニア覇者、金鍾徳のシャフトは?

    編集部
    SNSでシェアする
    開催50回の伝統のある大会だが、韓国人選手の優勝は初めて。 飛ばし屋のジェット尾崎を凌ぐドライバーショットも要注目で、シャフトはコンポジットテクノ社製を装着していた。同社野田茂部長によると、 「レギュラーツアー全日空オープン優勝のK・バーンスに続く快挙です。金選手は、アスリートモデルのプロスペックシリーズ『65PROX(硬度XX)』を装着。予選2日目には尾崎建夫選手とペアリングになりましたが、300Y前後の飛距離で常に圧倒しました。また3位へ入賞したG.マイヤー選手(米)も『ファイアープロトタイプ』を使用していました」 と波に乗っている。
    タグ
    シャフト
    コンポジットテクノ
    ファイアー
    プロスペック
    金鍾徳