1. ニュース
  2. メーカー

マスターズから『アストロ・プレミアムD460』登場

メーカー 編集部

 
その特長は、重心の高さを変えずに、前作『アストロ・プレミアム460』と比較して3mm重心深度を深くしたこと。これと低重心化によって、打ち出し角の上昇、スイートエリアの拡大、スピン量の抑制、慣性モーメントの拡大と、同社の考える飛びの4大要素をすべて取り入れ、安定した飛距離性能を実現したという。さらに、フェース面はCNC精密加工によって無駄を排除し、プラズマ溶接で溶接部の幅が狭くなり軽量化。スイートエリアの拡大、低・深重心化を促進しているという。
 
もう一つの特長が、ヘッドスピードがアップするという新設計のフジクラ7軸カーボンシャフト。同社によると「飛距離性能に優れた3軸織物繊維に操作性を補完する4軸織物繊維をプラスした世界初の7軸テクノロジーを採用。スイング中のブレを軽減し、パワーロスを抑制。シャフトが作り出す最適なしなりでスイングスピードがアップし、一気に振り抜けて大きな飛びを作り出します」―。
 
また、従来のダブルキックカーボンシャフトもオリジナルで展開すると共に、現在トレンドのシャフトもカスタムラインで対応する。
 
価格は、ダブルキックカーボン装着モデルが7万8750円、フジクラ7軸カーボンシャフト装着モデルが8万4000円。
 
問い合わせはマスターズへ、06~6974~2717。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • ゴルフ・ドゥ、代表取締役の異動に関するお知らせ

  • アコーディア・ゴルフ、社長CEO交代に関するお知らせ

  • アルペン、組織変更及び人事異動のお知らせ

  • ニューモデル一堂に集結 「特設」サイトでゴルフ用品情報フルカバー

関連記事

  • マスターズ、代表取締役社長に渡辺 和真氏が就任

  • 『ASTROツアーFチタニウム』と『ASTROツアーU』が登場

  • マスターズ ASTRO TOUR VⅢ, ASTRO PREMIUM

  • マスターズ ASTRO PREMIUM

  • クラウン上端部をカット『アストロプレミアム』

  • タイガー、マキロイのマスターズ舞台衣装に注目