1. ニュース
  2. メーカー

RYOMA、FWでもブッ飛び

メーカー 編集部

これはインパクト時、極薄高弾性ボディと120gのウエイトが相互に作用するもので、さらに、従来のフェアウェイウッドではあり得なかったCOR0・82のチタンフェース(F2、F3、F5)により、ランが伸びる棒球を高初速で実現する仕組み。

ラインアップは、2W、3W、5W、7W、9Wの計5本があり、同社によると、

「リョーマゴルフは飛ぶクラブしか世に出しません。一般クラブとの飛距離差は誰もが実感できるものでなければならない、という使命感を持って開発しました。『D-1F』で打ち出したボールは前へ前へと飛行した後、緩やかな落下角度でランディングします。その飛距離性能は5Wで3W並み。さらに3Wで5W並みのやさしさも両立しました」―。
 

と自信満々。同社は発売に先立って、メディア試打会を行ったが、各社口を揃えるように「飛ぶ」、「明らかに初速がちがう」、「3WでMYドライバーの飛距離が出る」と、好評を博した。近年、明らかに違いが分かるクラブの出現は皆無に等しく、そういう意味で『D-1F』は2012年、台風の目になりそう。

また、来年1月にはD-1ドライバーの高反発モデル『D-1スペシャルチューニング』を2000本限定で投入を予定している。

価格:オープン、店頭予想価格6万6150円(F2、F3、F5)、4万5150円(F7、F9)

問い合わせはリョーマゴルフへ。 TEL042-631-0052


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • JMC GOLF、社名をPXG JAPANに変更

  • セブンドリーマーズが自己破産を申請

  • 日本ゴルフマネジメント、社名をネクスト・ゴルフ・マネジメントに変更

  • Takumi Japan 2in1パター Webカタログ

関連記事

  • 3年ぶりにモデルチェンジ、今度のリョーマはさらに飛ぶ!?

  • 今度は、キャッシュバックで反撃だ!

  • リョーマゴルフが第2弾の首都高ジャックを開始

  • ビートたけし、RYOMAの新キャラクターに就任!

  • 「D‐1」シリーズのコンセプトを受け継ぐ『D‐1 MAXIMA』登場

  • 「RYOMA」女性だって飛ばしたい