1. ニュース
  2. メーカー

タイトリスト・ボール 全世界で勝率・使用率トップ

メーカー 編集部

 
同社の「タイトリスト・ボール」は勝率64%(173勝)、使用率67%(2万1331名、ダレルサーベイ社調べ)を記録し、2位メーカーを大きく引き離す圧倒的な成績を残した。
さらに日本男子ツアーにおいて、同ボールが10勝を達成し、勝率1位を獲得。使用者総数では1340名(全体の44.5%)を数え、節目となる”10年連続使用率1位”という快挙を成し遂げた。
 
また、『タイトリスト・ボーケイ・ウェッジ』は、日本男子ツアーにおいて使用率37.6%(総数2326名)、勝率40%(全25試合中10勝)ともに1位を獲得。この数字は2位の2倍に及ぶ。先日、『ボーケイウエッジ』初の軟鉄鍛造モデルも発表しており、今後さらにそのシェアを伸ばしそうだ。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 三光精衡所、人事異動のお知らせ

  • ヨネックス、人事異動のお知らせ

  • マジェスティゴルフ、代表取締役社長に西原徹朗氏が就任。

  • ニューモデル一堂に集結 「特設」サイトでゴルフ用品情報フルカバー

関連記事

  • 新登場 ボーケイ・デザイン『SM8』浅重心でロフト通りの距離が打てる!

  • タイトリスト『Tシリーズ』アイアン試打!ミスがミスにならないは本当か?

  • 9月28日発売 タイトリストTS2・TS3ドライバーを徹底解説

  • ゴルフボール新時代!?ボールの見え方で ゴルフがやさしく楽しくなる『Volvik VIVID XT』

  • SRIXON攻勢か?上半期輸出ボール 52.6%増

  • ブリヂストンスポーツと共同開発したゴルフボール、『レイグラデ ビッグ ディスタンス ボール』