1. タイトリスト・ボール 全世界で勝率・使用率トップ

タイトリスト・ボール 全世界で勝率・使用率トップ

メーカー
この記事は約 2 分で読めます。 236 Views

 
同社の「タイトリスト・ボール」は勝率64%(173勝)、使用率67%(2万1331名、ダレルサーベイ社調べ)を記録し、2位メーカーを大きく引き離す圧倒的な成績を残した。
さらに日本男子ツアーにおいて、同ボールが10勝を達成し、勝率1位を獲得。使用者総数では1340名(全体の44.5%)を数え、節目となる”10年連続使用率1位”という快挙を成し遂げた。
 
また、『タイトリスト・ボーケイ・ウェッジ』は、日本男子ツアーにおいて使用率37.6%(総数2326名)、勝率40%(全25試合中10勝)ともに1位を獲得。この数字は2位の2倍に及ぶ。先日、『ボーケイウエッジ』初の軟鉄鍛造モデルも発表しており、今後さらにそのシェアを伸ばしそうだ。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • Lynx 2018 – リンクスWebカタログ

  • グラファイトデザイン、役員選任のお知らせ

  • 三菱ケミカル2018 Webカタログ – Diamana、KUROKAGE、FUBUKI

  • グローバルゴルフメディアグループ、事務所移転のお知らせ

関連記事

  • アクシネット社、2018年第一四半期業績はほぼ順調

  • タイガー・ウッズが再びゴルフボール飛距離制限論争について発言。何を語ったのか

  • タイトリストのトップ、ユーライン社長はボール飛距離制限に反論

  • USGA CEOマイク・デイビス氏がゴルフボールの飛距離増大の影響について語る

  • 「プロの試合のゴルフボールを標準化するとき」 ブリヂストンゴルフCEOが提案

  • タイトリストがボール工場見学ツアー