• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • スナイパーV&G、かっ飛びデビュー

    編集部
    SNSでシェアする
      『スナイパーV』ドライバーは、5ウェイト駆動機構でエネルギー伝達効果を向上させたもの。ゆっくり振っても思いっきり振ってもヘッド軌道がブレにくい。振り抜けるからヘッドの質量を最大限に利用でき、パワーロスなくボール初速を上げられるというモデルだ。   一方の『同G』ドライバーは、5ウェイト駆動機構搭載の『SNIPER V』の飛距離性能に、グースならではのボールの捉まりのよさを兼ね備えたもの。レイトヒットでタメが作りやすいからヘッドスピードが上がり、飛距離も伸びるという。   実際に同モデルをテストした永井延宏プロは、   「『V』は、後ろのウェイトがインパクトでドーンとボールを押すので、ボール初速はかなり速い。また、シャフトの手元がほどよくしっかりしているので、トップからダウンへの切り替えしがスムーズです。それに先端はスピード感がある。フィーリングがつかみやすくてクラブの操作性もかなり高いですよ」   さらに、『G』については、   「見た目のオフセット感が強いですね。いやぁ、これはどう打っても右にプッシュしませんよ。一般的にこの類のクラブは左に引っかけやすいのですが、後ろにウェイトがあってスイートエリアも広いからインパクトでヘッドが返らない。だから極端な引っかけが出ません。上手くバランスを考えて作っていますね」   両モデルともに、スライスで悩んでいる、キャリーが出ないで飛距離不足を解消したいゴルファー にオススメという。   なお、動画は12月初旬、都内練習場で行った試打会の模様を収録したもの。
    タグ
    ドライバー
    カタナゴルフ
    G
    スウォード
    スナイパー