1. TOP
  2. ニュース
  3. メーカー
  4. スナイパーV&G、かっ飛びデビュー

スナイパーV&G、かっ飛びデビュー

 
『スナイパーV』ドライバーは、5ウェイト駆動機構でエネルギー伝達効果を向上させたもの。ゆっくり振っても思いっきり振ってもヘッド軌道がブレにくい。振り抜けるからヘッドの質量を最大限に利用でき、パワーロスなくボール初速を上げられるというモデルだ。
 
一方の『同G』ドライバーは、5ウェイト駆動機構搭載の『SNIPER V』の飛距離性能に、グースならではのボールの捉まりのよさを兼ね備えたもの。レイトヒットでタメが作りやすいからヘッドスピードが上がり、飛距離も伸びるという。
 
実際に同モデルをテストした永井延宏プロは、
 
「『V』は、後ろのウェイトがインパクトでドーンとボールを押すので、ボール初速はかなり速い。また、シャフトの手元がほどよくしっかりしているので、トップからダウンへの切り替えしがスムーズです。それに先端はスピード感がある。フィーリングがつかみやすくてクラブの操作性もかなり高いですよ」
 
さらに、『G』については、
 
「見た目のオフセット感が強いですね。いやぁ、これはどう打っても右にプッシュしませんよ。一般的にこの類のクラブは左に引っかけやすいのですが、後ろにウェイトがあってスイートエリアも広いからインパクトでヘッドが返らない。だから極端な引っかけが出ません。上手くバランスを考えて作っていますね」
 
両モデルともに、スライスで悩んでいる、キャリーが出ないで飛距離不足を解消したいゴルファー
にオススメという。
 
なお、動画は12月初旬、都内練習場で行った試打会の模様を収録したもの。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • ダイヤコーポレーション、人事異動のお知らせ

  • マルマン、マジェスティ ゴルフに社名変更

  • DUNLOP GOLF 2018 AUTUMN/WINTER – ダンロップ Webカタログ

  • ヨネックス、人事異動のお知らせ

関連記事

  • 9割強がボールの高さを実感

  • 『TourAD MJ』装着モデルを追加発売

  • 「飛び」最優先!ロイコレ2010新製品ラインアップ

  • NEW Z-TXに420ドライバーが新登場

  • 脳波検査で生まれた四代目『V-iQ』

  • ロフト別で形状が異なるフソウドリームD460