• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • 「PGA会員専用」の求人情報はこちら

    アスリート志向にピン『i20』シリーズ

    編集部
    SNSでシェアする
      特筆すべきはドライバー。ヘッドボディ素材に6-4チタンより比重の軽い811チタンを採用することなどで、合計19gの余剰重量を生みだし、タングステンウエイトとしてソール後方に7gと12gを配置。結果、重心が3%低くなり(G20比)、4%フェース寄りになった。『i15』ドライバー比で0・5度高打ち出しになり、さらにスピン量は20%削減(G20比)したとか。   また、ヘッドは空気力学を応用したデザインを採用。『G20』ドライバー比で空気抵抗を27%削減。同社によると、ヘッドスピード(HS)約44m/s設定でスイングすると、約2%速度が上がる研究結果が出ている。このHS上昇で、45・75インチのクラブと同じHSなることから、操作性を考慮して『i20』ドライバーは45・0インチを採用している。   同社は12月中旬、同シリーズの記者発表を開催したが、日本法人のジョン・K・ソルハイム社長は大いなる自信を持って商品を紹介した。同社は現在、『G20』シリーズの売れ行きが好調に推移していることから、さらなるウッド市場でのシェアアップを狙っている。
    タグ
    ピン