1. ヨネックス、”MADE IN 新潟”にこだわった『EZONE』新シリーズ発表

ヨネックス、”MADE IN 新潟”にこだわった『EZONE』新シリーズ発表

メーカー
この記事は約 3 分で読めます。 88 Views

今回発表されたのは、「いくつになっても飛距離を求める方に」と謳う、シニア層向けの『Royal EZONE(ロイヤル・イーゾーン)』(3月25日発売/ドライバー9万2400円)。「思い切り振って真っ直ぐ飛ばしたい方に」と謳う、若年層向けの『EZONE SD(イーゾーン・エスディー)』(2月3日発売/ドライバー4万5150円)。「やさしく楽しく気持ち良く飛ばしたい女性に」と謳う、レディスモデルの『EZONE Fiore(イーゾーン・フィオーレ)』(2月25日発売/ドライバー3万3600円)の3シリーズ。同社は、この追加ラインアップにより老若男女すべてのゴルファーに対するサポート態勢が整ったことになる。
 
新製品3シリーズの中で、特に注目したいのは『ロイヤル・イーゾン』シリーズ。同社製品開発部の飯泉剛課長によると、
 
「当社の得意とするチタンとカーボンを複合したモデルです。従来のカーボン素材よりも強度・剛性を高め、より薄肉で軽量化を実現する『HD-HMカーボン』をクラウン部に採用。これにより、大型ヘッドながらも重心位置を低く抑え、低スピンの弾道で飛ばせる『芯・重心設計』が可能となりました。また、ソールトウ側にも同素材を採用したことで、重心距離を短く設定することができ、やさしくつかまるドライバーに仕上がりました。ちなみに、当社がこの価格帯の製品を出すのは、おそらく2002年に発売した『サイバースター・グランド』以来ではないでしょうか」
 
とコメント。同社の新シリーズに掛ける意気込みが感じられる製品といえるだろう。
 
また、発表会では、『料理の鉄人』として知られる道場六三郎氏がゲストとして登場。1931年生まれの道場氏は81歳という年齢にも関わらず、年間150ラウンド以上プレーするという大のゴルフ好きだとか。同氏は、新製品でテストラウンドした感想を次のように語った。
 
「新製品の発表に先駆けて、ロイヤル・イーゾーンをコースで試しました。非常につかまりが良く、常に芯に当たっている感じ。普段よりも15ヤードほど飛んでいました。このクラブでエージシュートを目指したいですね(笑)」
 
なお、動画ニュースでは、米山勉社長へ独占インタビューを実施した。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

    この人が書いた記事  記事一覧

    • 「元カノ」にも出会える? 東我孫子カントリークラブのペア・スクランブルコンペが熱いワケ

    • Yamaha Golf 2018 – ヤマハゴルフWebカタログ

    • 【今月のプレゼント】2018年2月12日(月)締切(N.S.PRO MODUS3ロゴ入りモレスキンノート、オウルのラウンドバッグ)

    • ジャパンゴルフツアー選手会会長に石川遼が最年少で就任

    関連記事

    • YONEX GOLF 2017 – ヨネックスWebカタログ

    • これぞヨネックス! “カーボンテクノロジー”の粋を集めた新ドライバー『EZONE GT』を徹底検証

    • YONEX EZONE GT – ヨネックスWebカタログ

    • ヨネックス 人事異動

    • ヨネックス参与(元代表取締役副社長)、米山重義氏が逝去

    • ヨネックス、役員選任のお知らせ