1. 米国イベントで性能を実証したナイキ「VR_S」が登場

米国イベントで性能を実証したナイキ「VR_S」が登場

メーカー
この記事は約 2 分で読めます。 76 Views

冒頭の挨拶でシンディ・デイビス社長は「期待以上の出来」と鼻息が荒い。それを証明するかのように、トップアスリートが新旧モデル(ドライバー、アイアン)を3球ずつ試打して飛距離合計を比較。グリフィーは36ヤード、シャープは48ヤード飛距離を伸ばすなど、その性能の高さを見せつけるイベントとなった。
 
シリーズはドライバー、FW、UT、アイアン2機種、レディスとフルラインアップ。一部を除き編肉フェース「NexCOR」が搭載されており、初速アップにこだわり抜き、同社史上最速がテーマとなっている。それに対してイベントに登場したスーザンペターソンは、「ゴルフではスピードが最重要」とシリーズ全体に太鼓判を押している。
 
イベントは記者発表という形式ではないため、商品説明の時間を用意せず性能の実証に終始。トップアスリートの300ヤードを超えるショットに会場は大きな歓声に包まれた。
 
同シリーズの日本発売はユーティリティー、アイアンが3月23日発売、ドライバー、FW、レディスは4月20日を予定している。尚、米国市場向けとは異なる仕様で発売される。
 
問い合わせはナイキジャパンへ、0120~500~719。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

    この人が書いた記事  記事一覧

    • 「元カノ」にも出会える? 東我孫子カントリークラブのペア・スクランブルコンペが熱いワケ

    • Yamaha Golf 2018 – ヤマハゴルフWebカタログ

    • 【今月のプレゼント】2018年2月12日(月)締切(N.S.PRO MODUS3ロゴ入りモレスキンノート、オウルのラウンドバッグ)

    • ジャパンゴルフツアー選手会会長に石川遼が最年少で就任

    関連記事

    • ナイキジャパン 移転のお知らせ

    • あの名作ナイキテニスクラシックをゴルフシューズでリメイク

    • お待たせのエアージョーダンのゴルフ版登場

    • マキロイ、キャロウェイのウッド及びアイアンの使用を開始

    • 元ナイキのロック石井氏、キャロウェイに入社

    • タイガー・ウッズが新ブランドを立ち上げ