1. TOP
  2. ニュース
  3. メーカー
  4. 米国イベントで性能を実証したナイキ「VR_S」が登場

米国イベントで性能を実証したナイキ「VR_S」が登場

冒頭の挨拶でシンディ・デイビス社長は「期待以上の出来」と鼻息が荒い。それを証明するかのように、トップアスリートが新旧モデル(ドライバー、アイアン)を3球ずつ試打して飛距離合計を比較。グリフィーは36ヤード、シャープは48ヤード飛距離を伸ばすなど、その性能の高さを見せつけるイベントとなった。
 
シリーズはドライバー、FW、UT、アイアン2機種、レディスとフルラインアップ。一部を除き編肉フェース「NexCOR」が搭載されており、初速アップにこだわり抜き、同社史上最速がテーマとなっている。それに対してイベントに登場したスーザンペターソンは、「ゴルフではスピードが最重要」とシリーズ全体に太鼓判を押している。
 
イベントは記者発表という形式ではないため、商品説明の時間を用意せず性能の実証に終始。トップアスリートの300ヤードを超えるショットに会場は大きな歓声に包まれた。
 
同シリーズの日本発売はユーティリティー、アイアンが3月23日発売、ドライバー、FW、レディスは4月20日を予定している。尚、米国市場向けとは異なる仕様で発売される。
 
問い合わせはナイキジャパンへ、0120~500~719。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • ダイヤコーポレーション、人事異動のお知らせ

  • マルマン、マジェスティ ゴルフに社名変更

  • DUNLOP GOLF 2018 AUTUMN/WINTER – ダンロップ Webカタログ

  • ヨネックス、人事異動のお知らせ

関連記事

  • ナイキから直進性ディスタンスボール『クラッシュ』

  • ナイキ「コバート乗り換えキャンペーン」

  • 2代目は『TW’14』で7月発売

  • タイガー着用の『TW13』

  • NIKE GOLF 2012 – ナイキゴルフWebカタログ

  • マキロイ来日!ナイキゴルフのイベントへ参加