1. ナイキ『デュラフィール』4年連続販売枚数1位

ナイキ『デュラフィール』4年連続販売枚数1位

メーカー
この記事は約 2 分で読めます。 64 Views

 
同社によると、
「実勢売価1260円というリーズナブルなグローブながら、グリップが当たる部分に天然皮革を使用しており肌触りが良いという点と、小指の下(手の平)に補強として天然皮革を採用していることで耐久性が高くコストパフォーマンスに優れていることが、好調な販売実績に繋がっていると思われます」――。
 
同グローブはツアーユースという位置づけではなく、ボリュームゾーンの商品。リピーターが多く、モデルチェンジも頻繁ではないことから多くのゴルファーに支持を得ているという。2011年の販売実績は20万枚を大きく超え、前モデル『デュラフィールⅡ』が発売された08年以降の累計出荷数は100万枚を超えているとか。
 
クラブには苦戦気味のナイキ。消耗品のグローブで販売実績1位を達成しているだけに、今週末発売されるボール『20XI』の販売も期待される。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

    この人が書いた記事  記事一覧

    • 「元カノ」にも出会える? 東我孫子カントリークラブのペア・スクランブルコンペが熱いワケ

    • Yamaha Golf 2018 – ヤマハゴルフWebカタログ

    • 【今月のプレゼント】2018年2月12日(月)締切(N.S.PRO MODUS3ロゴ入りモレスキンノート、オウルのラウンドバッグ)

    • ジャパンゴルフツアー選手会会長に石川遼が最年少で就任

    関連記事

    • ナイキジャパン 移転のお知らせ

    • あの名作ナイキテニスクラシックをゴルフシューズでリメイク

    • お待たせのエアージョーダンのゴルフ版登場

    • マキロイ、キャロウェイのウッド及びアイアンの使用を開始

    • 元ナイキのロック石井氏、キャロウェイに入社

    • タイガー・ウッズが新ブランドを立ち上げ