• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • PGMジュニア育成プログラムに本腰

    編集部
    SNSでシェアする
    PGMでは、小学生から高校生までの子供を対象とした「PGMジュニアズプログラム」を2006年より全国規模で無料実施。2011年は全国62コースで開催し、延べ3万1490人の参加実績がある。5コース(富士チサンCC、美浦GC、ヤシロCC、桂GC、沖縄国際GC)が最終選考され、各ジュニアコーチによる活動報告や成果等、約10分間のプレゼンが行われた。 PGM神田有宏会長によると、 「ジュニア育成は我々ゴルフ業界の課題であり、皆で考え実行に移すフェーズと考えます。なかなか目に見える成果が出ないなか、PGMでは地道にかつ着実に底辺拡大を行ってきました。   当社の筆頭株主は変わりましたが、ジュニア育成についてはこれ以上にコミットしていく方針であり、そのことは平和ともコミュニケートできている。 5月までには従来にない、あっと驚くジュニア育成プログラムを披露できると思います。次のオリンピックで、PGMジュニア出身のゴルファーが羽ばたく、そんな構想を考えています」―。 この一連の活動に賛同するゴルフメーカーがナイキゴルフとピン。キャップやジュニアクラブの無償提供を行っており、 「ナイキゴルフは、PGMさんの活動に賛同し、初年度より協力させて頂いています。また、当社契約のティーチングプロも増員中で、独自のジュニア育成プログラムにも取り組んでいきたい」(ナイキゴルフブランドイベント和泉順介氏)―。 団塊の世代が70代に突入することで、一気にコアゴルファーが減少するとみられる「2015年問題」が業界共通の課題。過去数年、女性ゴルファーの育成が注目されたが、PGMは「ジュニア」の存在に大きなスポットを当てている。 なお、動画ニュースでは「PGMジュニアズ年間最優秀コース表彰式」のもようを収録した。
    タグ
    ジュニア
    PGM
    ナイキ
    ピン