1. ニュース
  2. メーカー

『ミズノ×241 CO.』コラボレーション第3弾

メーカー 編集部

 
このコラボは、今年で10周年。その節目の年を迎えるにあたり、日本製ならではの「素材」、「技術」、「こだわり」という3つの考えを軸に企画されたもの。
 
ヴィンテージ加工やダメージ加工を得意とする241CO.のデニム素材を使用したモデルは、職人が手作業で生産。生地の微妙な風合いが製品ごとに異なり、自分だけのキャディバッグ、ボストンバックなどが持てるという。
 
また、キャディバッグでは、芯材をフレーム構造にする「フレームウォーカー」を採用。強度を大幅に向上させ、軽量化も兼ね備えているという。
 
同モデルのラインアップはキャディバック(9.5型、47インチ対応、6万9300円)、ボストンバック(38リットル、2万4675円)、シューズケース(一足用、4935円)、ラウンドポーチ(30×12×17cm、1995円)、ボールポーチ(一個用、3990円)と豊富。限定モデルでのコーディネートも可能という。
 
問い合わせはミズノへ、0120~320~799。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • PRGR、役員選任のお知らせ

  • エヴァンジェリストジャパン プロダクト、移転のお知らせ

  • 【終了しました】日本シャフト2019新製品発表会ライブ配信

  • マジェスティゴルフ2019新製品発表会ライブ配信

関連記事

  • 日本のゴルファー向けのやさしさと禁断のβチタンを採用した Mizuno Pro MODEL-E/S

  • ミズノプロ モデルEとSを試打 HS42m/sでも250ヤード飛んだ理由とは? 

  • ミズノプロにドライバー登場 原英莉花が飛距離1位宣言

  • Mizuno Pro 2018 – ミズノプロWebカタログ

  • ミズノプロに『 319 』と『 719 』が追加! 全6タイプの選び方

  • MIZUNO PRO 2018 – ミズノWebカタログ