1. ニュース
  2. メーカー

マスダから非力ゴルファーも飛ばせる『VP-6』

メーカー 編集部

 
競技者向けのクラブを得意とするマスダ。その使用感が、飛距離に悩むシニアやアベレージゴルファーの間に口コミで広がり、それがニーズをつくり、開発に至ったとか。
 
同社は競技者と一般的なアベレージゴルファーにおけるインパクト時のエネルギー効率を分析。そのデータをもとに、ノウハウを集約したヘッドは460cm3。フェース材は球離れが速すぎずインパクト効率の高いSP700で、ボディには6‐4チタンを採用した。
 
「シニアゴルファーや非力なゴルファーが切望するのが飛距離。同じヘッドスピードでも、パワーのないゴルファーは球を打ち抜いて捉まえつつフォローで押し込めない。それを独自の重心設計で最適な重心位置を導き出し、0・5度のオフセットとの相乗効果で”押し込んで捉まえる”を可能にしています」(主宰・増田雄二)
 
また、飛距離追求のためシャフトの挙動を重要視し、シャフトも独自開発。アベレージゴルファーでも、強く振りぬける軽量の『MAGMAX EZ‐12』(8万6100円)、セミハードヒッター以上に同『FSP for アスリート』(8万6100円)と同『FSP for ツアー』(9万300円)を用意している。
 
問い合わせはマスダゴルフへ、047~750~7220。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 三光精衡所、人事異動のお知らせ

  • ヨネックス、人事異動のお知らせ

  • マジェスティゴルフ、代表取締役社長に西原徹朗氏が就任。

  • ニューモデル一堂に集結 「特設」サイトでゴルフ用品情報フルカバー

関連記事

  • 『V―460』に競技シャフト

  • マスダがドラコンで表彰台独占