1. ニュース
  2. メーカー

世界最強のゴルフフィットネスが日本上陸

メーカー 編集部

TPIはボール、クラブ、シューズ(フットジョイ)のメーカーにあって、唯一のソフト関連事業という位置づけ。2004年からツアープロのスイングパフォーマンスを向上するために導入されたフィットネスだが、その効果は抜群という。
 
「2011年に開催されたUSPGAツアー41試合中、31名がTPIのフィットネスを受けている選手」(TPIのデイブ・フィリップ氏)
 
昨年度ツアー優勝者の8割弱の選手が、TPIのフィットネスを取り入れているというから驚きだ。
 
プログラムの内容は、肉体の強さや柔軟性は個人によって差異があるという考えのもと、身体測定を行い、メディカル、フィットネス、ゴルフスイングなどの観点から個別にプランが組み立てられるというもの。
 
それを体系化したプログラムを現在、世界で7000人のTPI有資格者が57カ国でレッスンに活用しているという。
 
特に注目されるのが、ジュニアプログラム。ツアープロを含めた7万5000人以上からのヒアリングをもとに、「4~8歳」、「11~14歳」、「16~20歳」などと年齢期における身体の成長度合いに合わせてプログラムを構築、それぞれにおいて最適なプログラムを導入して長期的な視点でアスリートゴルファーの育成に注力している。
 
面白いのが、ゴルフの球打ち以外の運動に多くの時間を割いていること。
 
「幼少期には、短距離走やボール投げ、垂直飛びなどがボールを飛ばせる身体作りには一番。真っ直ぐ飛ばすことよりも、スピードとパワーを養いボールを飛ばせる身体作りに主眼を置いるのが特徴です」(TPIのグレッグ・ローズ博士)
 
基礎体力の向上が、長期的に見ればより良いスイング作りに役立つという基本的な考え方があるのだ。
 
米国のTPI(カリフォルニア州オーシャンサイド)は、ツアープロ以外の一般ゴルファーへのサービスも提供しているが、8ヶ月先まで予約がいっぱいという人気ぶり。
 
なお、日本では2013年2月から定期的にTPIのセミナーを開催し、有資格者を養成、一般ゴルファーのスキルアップやジュニア育成へ貢献していくという。ちなみにセミナーの受講料金は米国で800~900㌦(約6万4800円~約7万2900円)。日本での受講料は未定。
 
現在TPIを紹介するサイトは英語版(http://www.mytpi.com/)となるが、日本語版も近々オープンする予定だ。
 
強いアスリートゴルファー養成プログラムともいえるTPI――。日本から世界のトップとガチンコで戦える選手を育成するには、必要不可欠なものといえそうだ。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 三光精衡所、人事異動のお知らせ

  • ヨネックス、人事異動のお知らせ

  • マジェスティゴルフ、代表取締役社長に西原徹朗氏が就任。

  • ニューモデル一堂に集結 「特設」サイトでゴルフ用品情報フルカバー

関連記事

  • 新登場 ボーケイ・デザイン『SM8』浅重心でロフト通りの距離が打てる!

  • タイトリスト『Tシリーズ』アイアン試打!ミスがミスにならないは本当か?

  • 9月28日発売 タイトリストTS2・TS3ドライバーを徹底解説

  • NEW タイトリスト プロV1・V1xが2月デビュー

  • 上級者モデル秋の陣はタイトリスト 917が台風の目

  • アクシネット ジャパン インク タイトリスト VOKEY DESIGN SM6