1. ニュース
  2. メディア

トライプが日本とアジアの橋渡し役に!

メディア 編集部

ゴルフ専門の総合プロデュース業を営むトライプはこのたび、タイ・バンコク市内の国際展示場「クイーン・シリキット・ナショナル・コンベンション・センター」で開催される「タイランド・ゴルフ・エキスポ」(2016年5月12~15日)において、日本企業総合ブース「ジャパンパビリオン」の販売総代理店となった。

主催者のNEO(N.C.C エキシビジョン・オーガナイザー)と独占代理店契約を交わしたもの。日本とタイの橋頭堡を築きたいと意欲的だ。以下、トライプの中谷要介社長との一問一答を再現しよう。

契約の経緯を教えてください。

「この展示会は毎年開催していますが、これまでは会場での物販が中心で、製品や事業内容を紹介・プロモーションするためのブースはありませんでした。そこで今年5月、主催者に対してジャパンゴルフフェアで行っている各企業のプロモーション法を紹介したら、『ぜひ、日本の企業を集めてジャパンパビリオンをやってほしい』という話になったのです。その後、毎月タイへ出向き、11月に契約締結となりました」

タイのゴルフ用品市場規模は?

「タイをはじめとするアジア諸国では、ビジネスマンや富裕層を中心にゴルフ熱が高まっています。ゴルフ用品の市場規模は約400億円にまで成長。タイ国内のゴルフ市場規模は約120億円と、アジア諸国で最大規模です(矢野経済研究所調べ)。日本製のゴルフ用品は圧倒的な人気で、ゴルフ場は約240コースと聞いています」

展示会の内容は?

「タイ国内及びアジア地域最大規模の国際展示会で、併設の『タイランド・ダイビング・エキスポ』と合わせて国内外から約20万人の来場があります。ゴルフの展示スペースは約440坪、想定出展社数は47社96ブースで、来場者は4日間で約8万人を予想しています」

国内企業に対しての訴求法は?

「今年12月と来年2月の2回、出展社説明会を企画。12月の説明会では、クラブ・シャフト・アクセサリーメーカー、ゴルフ場サービス企業の約10社から反響を得ました。20社ほど募集しています。また、当社現地法人が発行する『ゴルフスタイル・タイランド』と国内の『ゴルフスタイル』で広告・紹介して露出します」

出展の詳細を教えてください。

「ブース出展料は、3m×3mで約148万円、2m×2mで約98万円を予定。この料金には会場内のミニステージ使用、通訳1名、タイ人の女性コンパニオン1名、配布用チラシ1000部(タイ語)、空港送迎、滞在ホテルから会場までの送迎サービス、広告費、現地量販店とのビジネスマッチングもパッケージに入ります。オプションとして、ゴルフ場視察や観光ツアーなども企画中」

業界に向けて意気込みをどうぞ。

「当社は、日本とアジアのゴルフ業界の橋渡し役になることを企業ビジョンに掲げています。今回、販売総代理店契約を交わしたことで、タイやアジアに進出する機会を狙っていた国内ゴルフ関連企業をサポートし、業界を活性化したいと考えています。さらに、今後は国内・アジア諸国を絡めた若手プロに、試合の機会を創出するミニトーナメントを開催する予定です」

問い合わせはトライプへ、03‐5540‐6955。

※写真提供:トライプ


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 三光精衡所、人事異動のお知らせ

  • ヨネックス、人事異動のお知らせ

  • マジェスティゴルフ、代表取締役社長に西原徹朗氏が就任。

  • ニューモデル一堂に集結 「特設」サイトでゴルフ用品情報フルカバー

関連記事

  • 伝説のミニツアー「スタンバイツアー」が復活!

  • スポーツ・健康産業の見本市にJGFOが出展