• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • ゴルフウエア、ほぼ1千億円市場に

    編集部
    SNSでシェアする
      メーカーの出荷状況を調べた「国内出荷市場」では、ドライバーは258万本で、金額ベースでは542億円。数量、金額とも前年比8%ほどの減少で、アイアンも10%近い縮小となっている。ドライバーの慢性的な苦戦がクラブ市場全体の足を引っ張るかたちになっており、各社の苦戦ぶりを裏づけている。   一方、ゴルフウエアは前年比6%ほど伸ばして、970億円となった。大台の1000億円まであとわずか。女性ゴルファーの増加がアパレルメーカーの市場参入を促進し、需要と供給が理想的にまわったことでマーケットサイズを広げている。   経済成長で発展した日本のゴルフ市場は過去、「社用ゴルフ」から抜け出せず、プレーヤーおよび購買層は年配の男性が中心だった。そのため日本の人口構造と同様、逆ピラミッド型となっているが、これを正常な形にするためにはミドル層や若者の参入が不可欠だ。かわいいウエアを目当てに若い女性がゴルフをはじめれば、つられて若い男性もゴルフ市場へ参入する。そのような青写真が期待できそうな今回の調査結果であった。
    タグ
    矢野経済研究所
    ゴルフウエア
    市場調査