• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • ゴルフ業界求人
  • PGA会員専用求人
  • 「PGA会員専用」の求人情報はこちら

    「社説 その2」 プレー自粛の連鎖を絶とう

    片山哲郎
    1962年8月3日生れ。月刊誌GEW(ゴルフ・エコノミック・ワールド)を発行する(株)ゴルフ用品界社の代表取締役社長兼編集長。正確、迅速、考察、提言を込めた記事でゴルフ産業の多様化と発展目指す。
    SNSでシェアする
      「球春到来」を目前に控えて、多くのゴルフ関係者は失望感を味わっている。異口同音に語られるのは、「ゴルフなんか、やってる場合じゃない」という台詞。いずれも自嘲気味にいうのだが、実は、それが恐ろしい。そのような自粛ムードを断ち切ることが、ゴルフ界に求められる。   かつて、中越地震で被災したヨネックスは、同社経営のゴルフ場を被災民に開放して、湯船を堪能してもらった。阪神淡路大震災でも、同様のゴルフ場がいくつかあった。   ゴルフ自粛のムードを断ち切るには、プレーにまつわる 「うしろめたさ」 を取り払うことだろう。プレー料金のいくばくかを義援金に当てるとか、ゴルフクラブ1本の売り上げにつき数百円を義援金で募るとか。テーラーメイドの新商品は「白い救世主」になるかもしれないし、上質な大人が訴求対象の『オノフ』や『ファイズ』も、ブランド愛用者の賛同を得られるかもしれない。   これらを実現するための仕組みづくりや課題など、具体的なことはわからない。無責任な思いつきとなじられても仕方ないが、ゴルフ界の総力をあげて復興支援に取り組めば、「ゴルフなんか、やってる場合だ!」という気運になるかもしれない。   ミズノは本日、義援金3000万円とスポーツウエアなど2万点の寄贈を決めた。昨日はPGMとアコーディア・ゴルフがそれぞれ2000万円の義援金寄贈を決めている。一般ゴルファーの共感を呼び、復興支援の輪を広げられれば――。   ゴルフ用品界 代表 片山哲郎  
    この著者の記事
    熱中症予防ポスターで「安全ゴルフ」呼び掛ける
    2024年07月06日
    この著者の記事
    武蔵野美術大学北徹朗教授「ゴルフ場の熱中症対策は沢山ある」
    2024年07月01日
    この著者の記事
    月刊GEW 7月号で「レディス市場活性化の表と裏」を特集
    2024年06月30日
    この著者の記事
    月刊GEW 6月号でゴルフ業界の「円安事情」を特集
    2024年06月04日
    この著者の記事
    本間ゴルフ小川典利大社長が描く「ホンマ復活ストーリー」
    2024年06月02日
    → もっと見る
    タグ
    事故
    地震