• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • 「社説 その3」 自粛、というコトなかれ主義

    片山哲郎
    1962年8月3日生れ。月刊誌GEW(ゴルフ・エコノミック・ワールド)を発行する(株)ゴルフ用品界社の代表取締役社長兼編集長。正確、迅速、考察、提言を込めた記事でゴルフ産業の多様化と発展目指す。
    SNSでシェアする
      「自粛」を辞書でひくと、「自分の行いを慎むこと」とある。「慎む」を辞書でひくと、「過ちを起こさないようにすること」だ。震災以後、多くの連絡が入ってくるが、「諸般の事情に鑑み、自粛」という内容も多くある。学生ゴルファーの表彰式、プロゴルファーのイベントその他諸々。ある大手企業が「ゴルフ自粛令」を発したとの噂も含めて、日々、その手の情報が頻々と届く。   ごく好意的に解釈して、余震を恐れてのことだろうか。ならば当方にも合点はいくが、何の「過ち」かは知らないが、それを恐れての便乗自粛だとすれば、本末転倒というほかない。自粛は経済の停滞だけではなく、人心の萎縮も招くからだ。   本日、アメリカから嬉しい一報が届いた。3月18日から3日間、米アリゾナ州で行われる女子ツアーの「ファウンダース カップ」が、日本への震災チャリティーを行うという。終盤4ホールを「ジャパン リリーフ ゾーン」として、バーディ1個につき100ドル、イーグル1000ドルが義援金として積み立てられる。週末のセッティングは、わざわざバーディがとりやすいよう、簡単にしてくれるという心遣いも。想定5万ドルを、日本ユニセフ経由で被災地に寄贈する。「ゴルフの力」を媒介にして、支援の輪が広がっている。   比べて日本の自粛ムード・・・・。ゴルフを取り止めて、いったい誰に益があるのか。ゴルフアパレルの幹部氏が、こんな声を張り上げている。「業界をあげてゴルフをやりましょう。一大チャリティー大会を開き、被災地を大いに支援しましょう!」――。   業界は過去十余年、「ゴルフをみんなのスポーツに」を掲げてきた。接待スポーツから健全大衆スポーツへの道を、必死に歩んできたはずだ。無用な自粛はそのことを、否定するにほかならない。今こそゴルフ界は、「ゴルフの力」を自ら信じて、「ゴルフ」に活躍の場を与える時である。妙な自粛は、業界の自己否定になりかねない。   ゴルフ用品界 代表 片山哲郎  
    この著者の記事
    PGA明神正嗣会長に聞く「他団体のレッスンプロが増えてる現状」
    2024年05月05日
    この著者の記事
    月刊GEW5月号でゴルフ界の「猛暑対策の遅れ」を特集
    2024年05月03日
    この著者の記事
    日本のゴルフ界とクラブ市場を総括する(7)
    2023年07月16日
    この著者の記事
    日本のゴルフ界とクラブ市場を総括する(6)
    2023年07月09日
    この著者の記事
    日本のゴルフ界とクラブ市場を総括する(5)
    2023年07月02日
    → もっと見る
    タグ
    事故
    地震