1. ニュース
  2. 関連団体・プロ

実質2試合減の国内男子ツアー

関連団体・プロ 編集部

 
新規開催となるのは3試合。そのうち、2試合は海外(タイ、インドネシア)での開催となる。同機構によれば、ワンアジアとの共催で、60名の出場枠を確保しているとのこと。賞金ランキング加算のタイミングや、賞金総額など、現在詳細を詰めている段階だという。また、現在マレーシアでの試合開催についても協議中という旨が発表された。
 
一方、中止が決まっているのは「とおとうみ浜松オープン」と「キヤノンオープン」。「サン・クロレラクラシック」については、開催の意向はあるもののスポンサーを探している段階のため、開催が危ぶまれている。いずれも厳しい社会情勢が起因しているものと思われる。
 
JGTOの海老沢勝二会長は次のようにコメント。
 
「ギャラリー数、試合数は年々減少しています。また、ゴルフ場の入場者数も低迷して、ゴルフを取り巻く環境が厳しくなっているのが現状です。
 そこで、トーナメントのやり方自体を変えていく必要性を感じたため、来年度はアジア各国への進出を果たします」――。
 
同機構が主管する試合数に変動はないが、国内の試合数は25試合から23試合へ実質減少している。選手のマナーなどが問題視されている昨今、選手1人1人が強い問題意識を持たなければ、試合数減は止められない!?
 
なお、現時点で確定していない賞金額の詳細などについては1月下旬~2月上旬に発表予定。そのほか、開催スケジュールは下記を参照のこと。
 
2013ジャパンゴルフツアートーナメントスケジュール


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 太平洋クラブ、芥川眞澄氏が理事長を退任

  • 日本ゴルフ場支配人連合会、役員選任のお知らせ

  • 関西ゴルフ練習場連盟、役員選任のお知らせ

  • 住友ゴム、7月1日付組織改正および人事異動のお知らせ

関連記事

  • ツアー選手権のプロアマで「アマ激怒」 怒らせた片山晋呉を査問 

  • 日本ゴルフツアー機構、役員選任のお知らせ

  • ニューゴルフの開発を! JGTOの大西久光副会長が吠える PART1

  • 「ダンロップに続け!」男子ツアー1試合増の狙いとは?

  • 松山が9冠達成の快挙!

  • 松山英樹がプロ転向!