• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • 松山が9冠達成の快挙!

    編集部
    SNSでシェアする
    JGTOの海老沢勝二会長は冒頭の挨拶の中で、13年度のシーズンを振り返り、感謝の気持ちを述べた。 「新人として4勝を挙げ、賞金王に輝くなど、松山選手の活躍が目立った1年だったと思います。海外でも活躍してくれて、ほかのプレーヤーにとっても、刺激となったと思います」――。 また、その後の表彰式では最優秀選手賞を始めとする、18部門の表彰が行われた。中でも注目されたのは、半数を占める9冠を達成した松山英樹プロ。受賞時には次のようにコメントしている。 「1年目からこんなに多くの賞をもらい、嬉しいです。来年はアメリカに行きますが、アメリカでもこれぐらい賞をもらえるように頑張ります」――。 その後の記者会見では、賞金王の実感は沸かないとしながらも、アメリカで早い段階でシードを獲得し、日本での試合にも参戦したい意向を明らかにした。 男子トーナメントにおいて、試合数の減少という課題があるものの、明るい話題を提供できる1日となった。 なお、各賞の受賞者は以下の通り。 ・最優秀選手賞/松山英樹 ・賞金ランキング賞/松山英樹 ・Unisys ポイントランキング賞/松山英樹 ・最優秀新人賞 島田トロフィ/松山英樹 ・チャレンジ賞金ランキング賞/K・T・ゴン ・平均ストローク賞/松山英樹 ・平均パット賞/谷原秀人 ・パーキープ率賞/松山英樹 ・パーオン率賞/梁津萬 ・バーディ率賞/松山英樹 ・イーグル率賞/黄重坤 ・ドライビングディスタンス賞/ブレンダン・ジョーンズ ・フェアウェイキープ率賞/川村昌弘 ・サンドセーブ率賞/松山英樹 ・トータルドライビング賞/黄重坤、甲斐慎太郎 ・ゴルフ記者賞/松山英樹 ・Most Impressive Player 賞/石川遼 ・特別賞/尾崎将司(ツアートーナメント初のエージシュートを達成)
    タグ
    JGTO
    松山英樹