1. ニュース
  2. 関連団体・プロ

マークセン、今平周吾が特別制度でPGA会員へ

関連団体・プロ GEW編集部

(公社)日本プロゴルフ協会では、ジャパンゴルフツアーにおいて、賞金ランキングによるシード権を獲得した選手に対して、当該年度のPGA資格認定プロテストを免除し、同協会が定めた入会セミナーを受講するという条件下、PGAへ入会できる特別制度を設けている。

今回、この制度の適用により、プラヤド・マークセン(49)、今平周吾(23)の2名が12月15日・16日の2日間、入会セミナーを受講し、倉本会長、PGA役員との面談を経て12月18日付でトーナメントプレーヤー会員(TP)として入会した。

特別制度による過去の主なPGA入会者には、松山英樹、石川遼、小平智、川村昌弘、藤本佳則、宮里優作、池田勇太、近藤共弘などがいる。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • シャフトラボ、本社移転のお知らせ

  • 日本ゴルフトーナメント振興協会、蛇草真人氏が逝去

  • ゴルフゾン、本社移転のお知らせ

  • キャロウェイアパレル初! ゴルフ専用キャロウェイトレーナー(コンプレッションウエア)を発売

関連記事

  • 日本プロゴルフ協会、役員選任のお知らせ

  • PGA・オブ・アメリカとトップゴルフがゴルフ振興で提携

  • PGAが大学の授業で若者ゴルファー創造に本腰

  • セントラル工商が「PGA」公認ライセンスボールを発売