1. ニュース
  2. 関連団体・プロ

ゴルフ新年会で主要トップに直撃動画取材 業界の課題浮き彫りに!

関連団体・プロ 片山哲郎
190116_golf3

ゴルフ関連16団体が加盟する日本ゴルフサミット会議は1月16日、都内のホテルで関係者約750名を集め、恒例の「ゴルフ新年会」を開催した。議長は日本ゴルフ協会の竹田恆正会長が務める。

東京五輪を来年に控えるサミット会議は、今年の活動目標を選手強化や市場活性化策への本腰を掲げ、特に「レディス需要の掘り起こし」に注力することが確認された。

とはいえ「掛け声倒れ」を懸念するムキも多い。卑近な例がゴルフ場利用税撤廃運動の不発である。利用税の撤廃は、サミット会議積年の課題だが、「全廃論」にこだわるあまり捗々しい成果をあげていない。同様に、ゴルフ場来場者の1割程度を占めるレディス需要の開拓についても、具体的施策は今後の課題。

今年1月、ゴルフ規則の大改定でプレー人口の減少に歯止めを掛ける動きが広がっているが、国内主要団体のトップはどのような課題意識を持っているのか? 竹田議長、超党派ゴルフ議員連盟の衛藤征士郎会長ら5名のインタビューを掲載しよう。

消費増税分を代替財源に今度こそ全廃を!
衛藤征士郎氏 超党派ゴルフ議員連盟会長(6分1秒)

平成元年に消費税が導入され、それまでゴルフ場、パチンコ、ボウリング場等に課せられていた「娯楽施設利用税」が廃止されたが、ゴルフについては「担税力がある富裕層のスポーツ」として「ゴルフ場利用税」に衣替え。以来、70歳以上の高齢者や18歳未満、身障者等の部分撤廃はあったものの、それ以外は継続中だ。

利用税額のピークは平成4年度の約1034億円だが、前年度は447億円に激減など、市場の苦戦を物語っている。

業界団体が撤廃を働き掛ける先が超党派ゴルフ議員連盟(名誉会長麻生太郎氏)だ。衛藤会長は、「今秋、消費税率が2%上がる。これを代替財源として、何としても全廃を達成したい」と強調するが、過去の経緯から「期待薄」と見るムキも多い。増税と来年の五輪開催という追い風があるだけに、「絶対やります!」と眦を決する。

選手の活躍をもっと知ってもらいたい!
竹田恆正氏 日本ゴルフ協会会長(5分19秒)

日本ゴルフ協会は、アマチュア競技団体の総本山という位置づけでもある。2015年からガレス・ジョーンズ氏をヘッドコーチに迎え、近代的な強化策を行ってきた。

その成果が昨年、開花した。「アジア競技大会」の男子団体で金メダル、「アジア・パシフィックアマチュア選手権」で金谷拓実(東北福祉大2年)が優勝など、東京五輪の開催に向けて好感触。

ところが、「大半のメディアは活躍を取り上げてくれません」と竹田会長は落胆する。ゴルフ雑誌では報道されたが、テレビ・新聞等ではほとんど触れられず、「どうしたらいいのか」と、PR戦術の練り直しも求められる。

それもあって、竹田会長は動画取材の冒頭、「活躍した選手の名前を読み上げたい」と希望。しばしお付き合い願いたい。

今年から女性会員を募ります
倉本昌弘氏 日本プロゴルフ協会会長(2分42秒)

国内最大のゴルフ指導者団体である日本プロゴルフ協会は今年、大胆な決議を行った。男の世界に「女性会員」を募り、業界の悲願であるレディス需要の開拓に本腰を入れる。「女性目線」の吸い上げに寄与することも一因だ。

一方で、日本女子プロゴルフ協会も女性指導者の育成に注力しているが、両者が競合することはないのだろうか。そのあたりも含めて聞いた。

レディス市場の開拓はできることから着実に
手塚寛氏 日本ゴルフ場経営者協会理事長(2分28秒)

日本ゴルフ場経営者協会は、国内唯一のゴルフ場経営者団体。他のゴルフ場団体とは一線を画し、プレー人口の拡大策や課題を経営者目線で話し合う。

手塚理事長は今年1月、ゴルフ場、用品、練習場など関連5団体が活性化を討議するゴルフ市場活性化委員会(GMAC)の委員長に就任。そのような立場でレディス市場対策を語る。

今年のJGFはレディス企画を充実
馬場宏之氏 日本ゴルフ用品協会会長(2分32秒)

毎年3月にジャパンゴルフフェアを開催するのが日本ゴルフ用品協会。会場を東京から横浜に移転して今年3回目を迎える。今回は女性ゴルファー対策にも注力、会期中に行うセミナーも「レディス需要対策」を主題に掲げる。

「活性化のカギはレディス対策。業界全体で問題意識が絞り込まれるのはいいことです」と馬場会長。その具体策を語る。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

190116_golf3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

片山哲郎

片山哲郎

1962年8月3日生まれ、東京都出身。
「月刊ゴルフ用品界」(GEW)を発行する株式会社ゴルフ用品界社の代表取締役社長兼編集長として、ゴルフ用品産業及びゴルフ界全般の動向を取材、執筆。2014年4月に日本ゴルフジャーナリスト協会の会長に就任(現任)。

ほかにインタラクティービ(J:COM)番組審議会委員(現任)、ゴルフ市場活性化委員会マーケティング委員(現任)、大学ゴルフ授業研究会理事(現任)。

信条は「人の至福は健康で長生きすることであり、これに寄与できるゴルフは『善』である。善なるゴルフ産業が健全発展するために、建設的な批判精神をもち、正確、迅速、考察、提言を込めた記事を書く」――。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 大学生18名のゴルフ討論会 珍回答連発で業界爆笑

  • すべては「心の音」が造形する 武蔵野美大・長澤学長のゴルフ論

  • 「全米オープン」一発で200億円 豊富な資金力のUSGAトップに単独取材

  • 「JGTOを株式会社にして上場せよ」三田村昌鳳氏大いに吠える

関連記事

  • ギャラリーもボランティアも命懸け?東京五輪のゴルフ競技

  • 東京五輪会場の霞ヶ関CCのレストランでプラ製ストロー廃止 「国際基準」の意識徹底

  • ZOZO CHAMPIONSHIPに続き、女子プロ新設トーナメント誕生の衝撃

  • 熱中症対策に一石を投じる。高通気性キャップ『エアピーク』で真夏のゴルフを快適に

  • タイトリストTPIレベル2開催で東京五輪を視野に

  • 東京五輪決定で、ゴルフ界の声