1. ムービー

待ったなし! 地球温暖化にゴルフ界が一致団結

ムービー 関連団体・プロ 片山哲郎
新年会風景

ゴルフ関連16団体が集まる「ゴルフ新年会」が1月22日、都内のホテルで開催された。今年の活動テーマは①20~30代のゴルフ参加率アップ、②選手強化、③女性ゴルファーの創造という従来の施策に加え、新たに④廃プラ削減を中心にした環境問題への取り組みも盛り込まれた。

地球温暖化による気候変動は各国での大火災や水害、台風の大型化を招くなど、自然を活用するゴルフ産業にも多大な被害を与えている。各種スポーツ団体の中で逸早くゴルフ界が取り組むことで、環境保全の狼煙をあげる狙い。

東京五輪の開催まで半年余り。6月までを目途に「ゴルフ界エコサミット」を開催し、その流れで五輪に突入することも検討されている。以下、会場で行った動画インタビューを掲載しよう。

ゴルフを通じて良き社会人に!
JGAナショナルチームヘッドコーチ ガレス・ジョーンズ氏

環境問題無視は経営者失格
日本ゴルフ場経営者協会 手塚寛理事長

水筒1万個を無料で配布
日本プロゴルフ協会 倉本昌弘会長

表彰台は日本独占の気概で
日本ゴルフ協会 竹田恆正会長

SDGsの理解を深め着実に
日本ゴルフ用品協会 アレックスM・ボーズマン会長


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

新年会風景

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

片山哲郎

片山哲郎

1962年8月3日生まれ、東京都出身。
「月刊ゴルフ用品界」(GEW)を発行する株式会社ゴルフ用品界社の代表取締役社長兼編集長として、ゴルフ用品産業及びゴルフ界全般の動向を取材、執筆。2014年4月から3期6年、日本ゴルフジャーナリスト協会会長(現顧問)

ほかに武蔵野美術大学特別講師(ゴルフビジネス論)、インタラクティービ(J:COM)番組審議会委員、大学ゴルフ授業研究会理事、ゴルフ市場活性化委員会マーケティング委員(各現任)

信条は「人の至福は健康で長生きすることであり、これに寄与できるゴルフは『善』である。善なるゴルフ産業が健全発展するために、建設的な批判精神をもち、正確、迅速、考察、提言を込めた記事を書く」――。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ISPS半田会長「宗教とゴルフ」の在り方を熱弁

  • バブル期に売上世界一のコトブキが「このままじゃゴルフショップはなくなる!」

  • クラブ開発の「飛んで曲がらない」を打破するのは「ゆらぎ」

  • 二木ゴルフ本社ビル売却で「3つの投資」

関連記事

  • 東京五輪に「無関心」なゴルフメディアの姿勢を問う

  • ギャラリーもボランティアも命懸け?東京五輪のゴルフ競技

  • 東京五輪会場の霞ヶ関CCのレストランでプラ製ストロー廃止 「国際基準」の意識徹底

  • ZOZO CHAMPIONSHIPに続き、女子プロ新設トーナメント誕生の衝撃

  • ゴルフ新年会で主要トップに直撃動画取材 業界の課題浮き彫りに!

  • 熱中症対策に一石を投じる。高通気性キャップ『エアピーク』で真夏のゴルフを快適に