• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • ゴルフ業界求人
  • PGA会員専用求人
  • 「PGA会員専用」の求人情報はこちら

    130万円超を集めたゴルフ・ドゥのチャリティゴルフ、イベント運営で培う社員のホスピタリティ

    編集部
    SNSでシェアする
    全国76店舗(直営20、FC56店舗)の中古チェーンを運営するゴルフ・ドゥは11月中旬、ひととのやCC(栃木県)で「子ども虐待防止オレンジリボン運動チャリティゴルフ」を開催。 参加者157名に加え、イメージキャラクターを務める関雅史、江澤亜弥プロ、運営スタッフ25名が大会を盛り上げた。両プロの記録に挑戦するドラコン、ニアピン大会や、国内男女ツアー選手のサイン入りグッズをチャリティ・オークションで販売。132万5015円のチャリティ金が集まる盛況ぶりだった。 「今回で7回目を迎えますが、この金額は過去最高額です。募金は埼玉県社会福祉協議会を通じ、埼玉県内に22ヶ所ある児童養護施設と、オレンジリボン運動の児童虐待防止全国ネットワークに全額寄付します」 そう語るのは伊東龍也社長だが、なぜ、オレンジリボンなのか? 「個人的な話になりますが、20数年前に働いていた職場に、親の虐待によって施設で育った従業員がおりました。その話を聞いて、オレンジリボンの存在を知り、いつか、同じ境遇の子どもたちを助けてあげたいと考えていたのです。今後も10年、20年と大会を継続していきます」 同社のコーポレートメッセージは「感動に、まっすぐ。」というものだ。運営スタッフは社員が務め、参加者に屈託のない笑顔で接していた。社会貢献活動を通じて、ゴルフ業界で働く意義も浸透させられる。社員教育の一環ともいえるかもしれない。一般参加者の声を聞いてみると、 「中古ショップは沢山ありますが、ゴルフ・ドゥを選ぶ理由は、どの店に行っても従業員がみんなフレンドリーで明るいからです」(埼玉県在住の大瀧洋司さん48歳) それはともかく、同社は昨年、アコーディア・ゴルフと下取りクラブの業務提携や、今年10月には女性ゴルファー向けウェブサイト「キュルキュル」と中古アパレルを下取り販売するECサイトを立ち上げるなど、積極的な動きをみせている。 「今後は、中古ショップで如何にレディスクラブを売るかを考えています」(伊東社長) 中古市場では最大手のゴルフパートナーが無料でクラブをプレゼントするなどで注目を集めているが、ゴルフ・ドゥの展開も斬新だ。
    タグ
    ゴルフ・ドゥ
    オレンジリボン
    ゴルフドゥ
    チャリティ
    伊東龍也