1. ゴルフボール神話

ゴルフボール神話

マーケット関連
この記事は約 3 分で読めます。 194 Views

R&Aのゴルフ用具テスト専門家、スティーブ・オットー博士は、先月、英国の温泉地、ハロゲットで行われたグリーンキーパーのトレードショーで、ゴルフ用具の神話として語られているいくつかの逸話について講演を行った。

その一つはゴルフボールの飛距離が今も伸びているという神話についてだ。

オットー博士は、グラフを示しながら、参加したプロゴルファーに向かって、2003年辺りからゴルフボールの飛距離はいくらも伸びていなくて、1900年代終わりの劇的な飛距離増は収まっていると説明した。

このことは英国のゴルフメディア、ファインゴルフ(www.FineGolf.co.uk)の編集者、ローン・スミス氏に、R&AとUSGAが成功裡にゴルフボールメーカーを抑制することが出来て、飛びすぎるボールの生産を止めるための測定方法を確立したという示唆を与えている。

スミス氏はこれで問題解決かどうかを質問し「何故R&Aはこれらの距離を、いろいろな理由から更に減らそうと出来ないのか?」と尋ねている。

※注:いろいろな理由とは、ボールを飛ばなくすることでコースが短くできれば、ラウンドの時間短縮、土地とメンテナンスコストの削減、水やエネルギーの資源節約などを指している。

オットー氏はまた、男女の性別によるティーの定義が、飛ばないゴルファーが前方のティーを使用するのを推奨するため、いずれ廃止されるのが好ましいとしている。

その他、示された興味有る事項として、
・男子ツアープロの平均クラブヘッドスピードは毎時113マイル(毎秒50m)でロングヒッターのヘッドスピードは毎時128マイル(毎秒57m)
・ロングヒッターのドライバーは、トウ部分がヒール部分より毎時15マイル(毎秒6m)速く動いている。
・1996年の男子ゴルファー平均ドライバー飛距離は206ヤードで、2015年度は210ヤード。女子ゴルファーは145ヤードとのこと。(英国ゴルフビジネスニュース 2/2)

このデータを披露したスティーブ・オットー氏は、2月20日、ジャパンゴルフフェアの会場の「R&A用具規則フォーラム」でも講演予定なので、これらの世界の状況について質問してみるのも面白いだろう。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • グローバルゴルフメディアグループ、事務所移転のお知らせ

  • マジェスティパター MJ181Mは狙ったラインをはずさない高級パター

  • perfect pro 2018 – パーフェクトプロWebカタログ

  • Golf Pride 2018 – ゴルフプライドWebカタログ

関連記事

  • 直進性能に注目の「中空金属コア」ボール登場!

  • キャロウェイゴルフ、ゴルフボール新製品を発表

  • ピナクル新製品登場

  • セントラル工商が「PGA」公認ライセンスボールを発売

  • テーラーメイド新製品ゴルフボール「Tour Preferred」を発表

  • 米国市場ボールフィッティングで大成功