1. オリンピック種目に決定、次の課題は?

オリンピック種目に決定、次の課題は?

マーケット関連
この記事は約 2 分で読めます。 169 Views

 
>>【関連記事】ゴルフ、2016年オリンピック正式種目に決定

PGAコミッショナーのティム・フィンチェム氏は「ゴルフ振興の見地からは、この先5、6年、ゴルフがオリンピック競技になったという利点を活かした大きな波がやってくるだろう」と話しており、これが現実となるかどうかは時が証明するだろう。
 
ゴルフ界は、多くのゴルフ新興国で急にゴルフが盛んになることを望んでいるが、既にゴルフが盛んなオーストラリアやスウェーデンと違い、多くの国々では様々な理由から同じレベルのゴルフ熱に達してこなかった。
 
従って、ゴルフの隆盛に水を差すことなく、ゴルフ業界は、2016年オリンピックを機に、ゴルフ未開発国に対するゴルフ振興支援を試みるだろう。現在、ゴルフに対する関心で言えることは、例えばウズベキスタンや北京に住んでいる人は、ゴルフ競技の難しさを知る前に、ダース40ドル(約3,600円)もするゴルフボールや、セット700ドル(約63,000円)もするアイアンセット、そして1本3-400ドル(約27,000円-36,000円)もするドライバーの費用を支払おうとはしないだろう。そして更にゲームへの近づき易さの問題もあるだろう。明らかにインフラは地理的な問題が第一の難題となるだろう。
 
リオデジャネイロ大会の形式は、男女60名によるの72ホール個人ストロークプレーが予想されている。そしてそこには依然、何人の米国及び他のゴルフ先進国選手が出場権を獲得するかの問題も残っている。同時に、ゴルフにおける”ジャマイカ・ボブスレーチーム”の再来が生まれても不思議ではなく、それはオリンピック競技の健全性を失するという問題にもなるだろう。2016年までの7年間は長いが、オリンピック競技採用を喜ぶハネムーン期間の継続は短い。(GolfBiz.net WSGR Vol.12 #39 10/12)
 

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • グローバルゴルフメディアグループ、事務所移転のお知らせ

  • マジェスティパター MJ181Mは狙ったラインをはずさない高級パター

  • perfect pro 2018 – パーフェクトプロWebカタログ

  • Golf Pride 2018 – ゴルフプライドWebカタログ

関連記事

  • 2020年東京オリンピック、ゴルフの競技形式はリオ五輪と同じく個人戦の見通し

  • 2024年の夏季オリンピックも引き続きゴルフが正式種目に

  • リオオリンピックのゴルフコースが苦境に・・・

  • オリンピック復帰は成功とIGFドーソン会長

  • 112年振りのオリンピックゴルフが高視聴率獲得

  • 国際ゴルフ連盟(IGF)がオリンピックゴルフ競技形式変更を検討