1. ユーライン社長、ゴルフ用具技術論争はゴルフのためになる

ユーライン社長、ゴルフ用具技術論争はゴルフのためになる

マーケット関連
この記事は約 2 分で読めます。 195 Views

 
このことは両者が(用具の)技術問題に触れないとか触れるべきではないということではない。
 
ユーライン社長は「自分は、協会にこれらの制限の目的の問題点とメーカーの定義をさせる必要があり、両者の対話を確実にするための緊張を持ち続けることが必要だと考えている」と話している。
 
ユーライン社長は先週ベイクラブで行われた、アクシネット社の新しい親会社、アレクサンドリア・ホールディングスと呼ばれる韓国企業連合体を紹介する席でこの発言をしたもの。
 
新しくアクシネット社の会長に就任したジーン・ユーン(Gene Yoon)氏は、全てのアクシネット社の経営は、これまで通りマサチュセッツ州フェアヘブンに残ると宣言している。
 
これまで(ゴルフの)伝統と技術(進化)に関する論争は一世紀以上も続けられてきており、その状況は変わっていないようだ。ユーライン社長は、アマチュアとプロの用具に異なる用具規則を適用する・・・いわゆる”ダブルスタンダード”についても、どのメーカーの議案にも載せられるべきではないけれども、議論することが出来ると話している。
 
ユーライン氏は「我々(メーカー側)は依然、その思考過程に商業的志向を持っている。我々はゴルフのためになることだけで論争できない。論争することが出来ても商業的見地を示しているのは事実だ。だから我々の議論が高潔であるかどうかは問題ではない。今後もいくらかの商業的偏見は見られるだろう」と話している。
 
ユーライン氏は、R&AやUSGAに委ねられているのは単にルール制定だけではなく、ゴルフの将来についてもより大きな責任があるはずだと話しており、「もし、そうでなければ誰がやるのだ?ゴルフが誰のためにあるのか、そしてその不滅で永続性の責任は誰にあるのかが常に問題になっているのだ」と話している。(PGA.com 9/8)
 

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

    この人が書いた記事  記事一覧

    • Kasco 2018 – キャスコWebカタログ

    • 写真で振り返る新製品発表会 キャロウェイ「ローグ」

    • Bridgestone Golf 2018 春夏 – ブリヂストンゴルフ Webカタログ

    • 写真で振り返る新製品発表会 ダンロップスポーツ「ゼクシオ10」

    関連記事

    • タイトリストがボール工場見学ツアー

    • アクシネット社ユーライン社長が退陣

    • アクシネット社、特許侵害、虚偽広告の疑いでコストコを対抗提訴

    • アクシネット社上期売上は前年割れ

    • ゴルフ業界に上向きの兆候?

    • 依然業績好調のアクシネット社