1. キャロウェイゴルフ第二四半期、上期業績

キャロウェイゴルフ第二四半期、上期業績

新商品・メーカー関連
この記事は約 2 分で読めます。 74 Views

 
第2四半期の品種別売上を見てみると、同社が得意としてきたメタルウッド部門売上は5,860万ドルと、1年前から10%ダウン。アイアン売上は5,780万ドルで1年前より5%ダウンしている。一方、パター売上は3,890万ドルと前年同期比より63%アップ、ゴルフボールも9%アップし4,980万ドルの売上を計上。アクセサリーその他用品部門は昨年より10%アップして7,600万ドルとなっている。
 
第2四半期売上を地域別に見ると、最大のマーケット、米国市場は3%アップ、ヨーロッパも1%アップ。日本は実に29%アップの3,700万ドルを達成している。しかしながら、その他のアジア地区では逆に4%ダウンしている。
 
6月までの上期実績累計では、同社売上は5億6,600万ドルと、前年上期実績(5億5,900万ドル)からややアップ。1株当たり利益も昨年の0.80ドルの損失から、今年上期は0.41ドルと向上してきており、まずまずの業績だ。しかしながら、同社新社長、チップ・ブリューワー氏は、この下期も困難さを予測しており「当社は前年に比べて業績が改善されてきたことを喜んでいる。しかしながら、いまだに市場シェア改善ペースは予想していたより遅く、予想以上の小売段階での在庫になっている。その結果、当社は売上をこの第二四半期、期待よりやや落として、過剰在庫の消化を行い、来るべき2013年度売上改善に備えている」と概要を説明している。
 
同社のカンファレンスコール(電話会議)を通して、ブリューワー社長は、同社のアイアンは小売段階で昨年を上回っており、他の製品分野はほぼ昨年レベルであることをほのめかしていた。ブリューワー氏はアイアンの値引きをするより、アイアンの在庫調整を望んだようだ。(GolfBiz.net WSG Daily Pulse 7/27)
 

\ SNSでシェアしよう! /

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

    この人が書いた記事  記事一覧

    • 「元カノ」にも出会える? 東我孫子カントリークラブのペア・スクランブルコンペが熱いワケ

    • Yamaha Golf 2018 – ヤマハゴルフWebカタログ

    • 【今月のプレゼント】2018年2月12日(月)締切(N.S.PRO MODUS3ロゴ入りモレスキンノート、オウルのラウンドバッグ)

    • ジャパンゴルフツアー選手会会長に石川遼が最年少で就任

    関連記事

    • 技術は継いだが「後継ではない」 キャロウェイ庄司副社長が『ローグ』を語る

    • キャロウェイの新ドライバーROGUE(ローグ)はエピックの後継機種じゃない!

    • キャロウェイがセルヒオ・ガルシアとの契約を発表

    • キャロウェイゴルフ、好調の2017年第3四半期業績を発表

    • キャロウェイ、ミケルソンと契約を更新

    • 野球場でゴルフができる?キャロウェイがMLBの球場にゴルフコースを設営