1. ナイキがクラブやシューズの個人データ収集特許を取得

ナイキがクラブやシューズの個人データ収集特許を取得

新商品・メーカー関連
この記事は約 2 分で読めます。 202 Views

このシステムは、スイングの分析がクラブヘッドの後部にはめ込まれたディスプレーに示されるもので、ナイキによれば、それを使えば個人に合うクラブが、より速く正確に作ることが出来るのだそうだ。

ナイキが米国特許庁にのウェブサイトに投稿した書類によると「カスタムフィッティングは時代遅れで不正確な可能性がある」ということで、ほとんどのフィッティングがインドアの硬いフロアで行われているが、この新しいシステムのクラブはゴルフコースのスイングを計測が出来るのだそうで、それにより更に正確なデータが蓄積出来るとナイキは話している。

ナイキはこれまでにも、デジタル技術をスポーツ用具に持ち込み、記録の改善に使ってきたが、これを同様に消費者サービスに応用し販売促進にも活用しようとしているのだ。ちなみに今年同社は、毎日の運動をトレース出来るリストバンドや、バスケット選手がダンクシュートで飛び上がるのを記録するセンサーを埋め込んだシューズも発表している。
ナイキ社の広報担当、マリー・レムッジ氏は、この特許を使った商品が製品に使われいつ市場に出てくるかに関してはコメントを差し控えている。

オレゴン州ビーバートンに本社を置くナイキ社は、同様に、先週シューズの中にセンサーを埋め込み自動的にランニングのデータを収集できるシューズの特許も獲得している。このデータはユーザーのスマートフォンやパソコンに転送され分析出来るとのことだ。
ナイキ社は、ゴルフ用品がより繊細になり、例えばゴルフボールもプレーヤーの力に合わせて設計されるようになったが、フィッティングの大部分がトライ・アンド・エラーのプロセスだと指摘し、今回の特許はそれを簡素化出来るのだとしている。

ナイキはこの他にも、選手のパーフォーマンスを向上させるため、様々スポーツでレーダーやセンサーを使ったデータ分析技術を駆使してきたが、今後はこれを発展させ、消費者に合うスポツ用具開発に活用していく考えのようだ。(GolfBiz.net WSGDaly Pulse – Bloomberg紙ウェブサイト 9/12)

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • グラファイトデザイン、役員選任のお知らせ

  • 三菱ケミカル2018 Webカタログ – Diamana、KUROKAGE、FUBUKI

  • グローバルゴルフメディアグループ、事務所移転のお知らせ

  • グローブライド、役員人事に関するお知らせ

関連記事

  • ナイキジャパン 移転のお知らせ

  • あの名作ナイキテニスクラシックをゴルフシューズでリメイク

  • お待たせのエアージョーダンのゴルフ版登場

  • マキロイ、キャロウェイのウッド及びアイアンの使用を開始

  • タイガー・ウッズが新ブランドを立ち上げ

  • トッププレーヤー契約事情