1. キャロウェイの新グルーブウェッジ

キャロウェイの新グルーブウェッジ

新商品・メーカー関連
この記事は約 2 分で読めます。 174 Views

 
キャロウェイのウェッジは、既に2010年度PGAツアー勝者の手に渡っており、この中には2人のメジャー勝者や、ツアー選手権勝者も含まれていると、同社ゴルフクラブ設計主任のロジャー・クリーブランド氏は話している。彼等がキャロウェイのウェッジを選んだ理由は、ソールの幾何学設計、鍛造による柔らかいフィーリング、スピン量を増やすように設計されたグルーブ技術がもたらす性能だそうだ。同社はこのグルーブを「OEJAWS」グルーブと呼んでいる。
 
ウェッジ及びアイアンのために開発されたこのグルーブは、同社独自特許の工程で創り出されたものとキャロウェイゴルフは話している。同社によれば、この新しいツアーCCグルーブは、現在可能な最も高いスピングルーブだと考えられており、競合他社の主力製品に比べて55%以上のスピンを生むというテストデータがあるのだそうだ。
 
>>【関連】2010年度の米国ウエッジ市場
 
これらのウェッジは鍛造工程によってだけ創り出される物で、グリーン周りでの軟らかなフィーリングが得られるとクリーブランド氏は付け加えている。21本の溝は、標準の15本溝に対してより多くのボールとの摩擦を生み、それがより多くのスピンとコントロール性能をもたらしているのだそうだ。同社は現在、JAWS Slateシリーズに新しく2機種のローバンスタイプを加えたが、その一つ、0バンスウェッジは最近の南アオープンでアーニー・エルスに使用されて最初のツアー優勝を飾っている。(GolfBiz.net WSG Daily Puls 1/10)
 

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • グローバルゴルフメディアグループ、事務所移転のお知らせ

  • マジェスティパター MJ181Mは狙ったラインをはずさない高級パター

  • perfect pro 2018 – パーフェクトプロWebカタログ

  • Golf Pride 2018 – ゴルフプライドWebカタログ

関連記事

  • キャロウェイ2018年度第一四半期、記録的好業績を発表

  • 永井プロが打ち比べ!キャロウェイのローグとエピックは何が違うのか!?

  • 写真で振り返る新製品発表会 キャロウェイ「ローグ」

  • ローグとエピックは何が違うのか。キャロウェイの庄司副社長に色々聞いてきました

  • キャロウェイ庄司副社長がローグを語る「技術は継いだが後継ではない」

  • キャロウェイの新ドライバーROGUE(ローグ)はエピックの後継機種じゃない!