1. ベリーパターは本当にいいのか?

ベリーパターは本当にいいのか?

新商品・メーカー関連
この記事は約 2 分で読めます。 167 Views

フィル・ミケルソンも一時はその効果を認め、ベリーパターの使用を試みていたが、昨年のプレジデンツカップでは、元のパターに戻しており、2012年はそのまま使い続けるようだ。ミケルソンは「自分はパッティングにそんなに易しい近道はないと思う。どんな方法を使うにしても、ラインを見つけ正しいスピードでストロークしなければならないことに変わりはない。

>>【関連記事】ベリーパターって本当にベリーグッド?

自分はベリーパターに近道を求めていたのだと思う」と、現在出場中のファーマーズインシュランスオープンの前に語っている。ミケルソンは更に「自分は子供の頃から使ってきた元の方法、ブレードタイプのパターに戻るのがベストだということがわかった。そこに近道はないのだ」と続けている。

この言葉は特にクラブメーカーや小売店にとって、ベリーパターのツアーでの流行に左右される消費者に影響を与えるため、きっと悩ましいメッセージに聞こえることだろう。(GolfBiz.net WSG Daily Pulse 1/26)

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • Golf Pride 2018 – ゴルフプライドWebカタログ

  • ゴルフ場設計家の加藤俊輔氏が逝去

  • 渡辺製作所 ソケットカタログ 2018

  • ダンロップスポーツマーケティング、役員選任のお知らせ

関連記事

  • キャロウェイ、ミケルソンと契約を更新

  • キャロウェイ、ミケルソン、全米オープン絡みで大胆キャンペーン

  • キャロウェイ、X2 Hot Deepフェアウェイウッド登場

  • 全英オープン優勝、ミケルソンのクラブ戦略は大成功

  • ブラッドリーとシンプソンはパッティングを修正

  • アンカーリング禁止はゴルフ振興にはマイナス?