1. 近代ゴルフはつまらなくなった?

近代ゴルフはつまらなくなった?

プロ・トーナメント関連
この記事は約 2 分で読めます。 149 Views

彼は、最近のトーナメント会場練習場でのコーチ過多に対しての考えを尋ねられ「これは新しいゴルフの傾向で、体力的に十分鍛えられたプレーヤー達の強打ばかりだ。しかしこれによって単調で退屈で直接的なものになっている」と話す。

「それはもはや球筋を操作するゲームではなくなっており、ただ真っ直ぐ遠くへ飛ばせばいいというゲームになっている。現在のファン達は、昔のセベ・バレステロス他、有名プレーヤー達が競っていた頃のゴルフとは別のタイプのゴルフを見せられている。多くの新技術は駆使されているが、それは同じものではない。”よりつまらなくなった”・・・確かに、そうだ。自分が思うこの頃ほんとに楽しいゲームを見せてくれるのは、ミカエル(アンヘル・ヒメネス)、パブロ(ララザバル)ぐらいで、彼等は実に多彩なショットを持っている」と説明し、「セルジオ(ガルシア)のゴルフが楽しいのは、単にうまく打つからで、タイガー(ウッズ)もローリー(マキロイ)も同じだ。最近のツアーでピンに対してボールを操って見せ楽しませてくれるのは、せいぜい5、6人しか居ない。ヒメネスはボールを操るのが好きだが、今のプレーヤー達はそうじゃない。彼等は単に遠くへ飛ばし、ピンに向かってウェッジで攻めていくスタイルばかりだ」と言う。

「ヘンリック・ステンソン?彼をアマチュア時代から知っているが、素晴らしいプレーヤーだ。しかし最近のコースはどんどん長くなるので、彼は3ウッドでティーショットしながらも、目一杯飛ばしてアドバンテージを得ようとしている」。(これに対し)「コース設計はもっと難しく複雑にすべきで、樹木も多くすべきだ。自分の考えでは、最近のロングヒッターに対抗するには、もっとアンジュレーションを増やし、植物も増やして、距離は6,700メーター(7,327ヤード)にしたらどうかと思う。米国には素晴らしいコースが沢山あり、例えばアクロン(ファイアストンCC)もその一つだが、問題はいつも同じプレーヤーが優勝する・・・つまりナンバーワンのために設計されているのだ」と現在のツアーの傾向を嘆いている。(アイリッシュゴルフデスク 2/11)

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • Golf Pride 2018 – ゴルフプライドWebカタログ

  • ゴルフ場設計家の加藤俊輔氏が逝去

  • 渡辺製作所 ソケットカタログ 2018

  • ダンロップスポーツマーケティング、役員選任のお知らせ

関連記事

  • マスターズ初優勝パトリック・リードのクラブセッティング 用具契約はフリー

  • 2020年東京オリンピック、ゴルフの競技形式はリオ五輪と同じく個人戦の見通し

  • 433ヤードをワンオンしたダスティン・ジョンソンのクラブセッティング

  • ワールドドラコンチャンプがクリーブランドと契約

  • ニクラウス、短いコースの難易度維持にレーティングシステムを示唆

  • ウッズのレッスンで21万ドル(約2,350万円)の寄付。ハリケーン被災者救済