1. マキロイの新クラブ、BMW-PGA選手権優勝に貢献

マキロイの新クラブ、BMW-PGA選手権優勝に貢献

――今週、貴方はナイキのVR X3X Toe Sweepウェッジ(59度)を使用していたが、そのクラブを選んだのには理由があるのか?

マキロイ:Toe Sweepは自分が探していた何かだと感じ、このトーナメントが使うのにいい機会だと思った。このクラブで最も気にいったことの一つは、ラフでの振り抜けがいいことだ。最終日にはそういうショットの良し悪しがカギになった。チップインをした10番、ミスショットをした14番は両方ともラフからのショットだった。このクラブは長いラフの草で容易に滑るように設計されており、自分にとってはボールが出しやすいように感じる。もし今年自分のプレーで改善が必要なところをがあるとすれば、それはそのようなトラブルショットで、このウェッジには今回、随分助けられた。

――良いボールとドライバーの組合せが大きなカギだが、貴方はいくつかの実験をしていたようだ。貴方が使っていたVRS Covert 2.0(ドライバー)とRZN Black(ゴルフボール)の組合せは効いたのか?

マキロイ:このCovert 2.0は、実際にオリジナルのCovertよりややスピンが多く、それが自分にとっては良かった。自分が右から左へのドローボールを打ちたいとき、より多くのスピンがかかるのがいい。何人かのプレーヤーは2,100~2,200rpm以下のサイドスピンを好むことは知っている。トラックマンを使ってドライビングレンジで全てを知ることは素晴らしいが、ゴルフコースで使ってややスピンが多いことで困ったことは無い。自分の最大飛距離を得ることはいいことだが、自分はしっかりした弾道のボールを打ちたいので、スピンは高めの方を好む。今回のような長いゴルフコースでのプレーではフェアウェイで打つときにそれが重要となる。自分はこのボール/ドライバーの組合せを使い始めて8ヶ月になるが、ドライバーが上手く打てるのはゲームの基礎で、ドライバーがいい時は一般的に結果もいい。これは大きな改善だ。

――その組合せにおけるドライバーシャフトの重要性はどうか?

マキロイ:自分は現在、三菱レイヨンのクロカゲシャフトを使用している。シャフトに関する件はあまり考えていない。テストを重ねて、好みの弾道が出るシャフトの選択肢を勧めてくれる担当を信じている。自分は一時的にディアマナを使ったこともありそれも良かったが、そのシャフトは今度のドライバーヘッドではスピンが少なく感じたためクロカゲに変えてみた。そのスピンレートはほんのわずかだったが、そのほうがプレーしやすく感じたのだ。明らかにシャフトは非常に重要で、多くのシャフト選択肢があるが、結局は試してみて自分に合うシャフトを見つけることになる。
(ゴルフワールド 5/26)

今シーズンからナイキ新製品に用具を換え、成績も向上しているマキロイの言葉だけに説得力を感じる。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

    この人が書いた記事  記事一覧

    • 「元カノ」にも出会える? 東我孫子カントリークラブのペア・スクランブルコンペが熱いワケ

    • Yamaha Golf 2018 – ヤマハゴルフWebカタログ

    • 【今月のプレゼント】2018年2月12日(月)締切(N.S.PRO MODUS3ロゴ入りモレスキンノート、オウルのラウンドバッグ)

    • ジャパンゴルフツアー選手会会長に石川遼が最年少で就任

    関連記事

    • ナイキジャパン 移転のお知らせ

    • あの名作ナイキテニスクラシックをゴルフシューズでリメイク

    • お待たせのエアージョーダンのゴルフ版登場

    • マキロイ、キャロウェイのウッド及びアイアンの使用を開始

    • 元ナイキのロック石井氏、キャロウェイに入社

    • タイガー・ウッズが新ブランドを立ち上げ