1. 全米女子プロ選手権をPGA・オブ・アメリカが運営

全米女子プロ選手権をPGA・オブ・アメリカが運営

この2015年度全米女子プロのタイトルスポンサー、KPMG社は、このイベントの週に、米国の女子経営首脳、政治家、スポーツ界、社会的なリーダー達の会議も計画しているとのことだ。

PGAの会長、ピート・バベッカ氏は「これは当協会が行ってきた様々な活動の中でも大きな出来事だ。当協会が女性のゴルファーに対して重要な役割を担うことにワクワクしている。当協会の二つの大きな使命は、当協会メンバー(女性も含む)の救済及びゴルフの振興にある。そしてゴルフの発展は多くの女性の参加を得ることにある」とコメントしている。

この計画はKPMG全米女子プロ選手権を発展させることにあり、賞金総額も今年の225万ドル(約2億2,500万円)から2015年は350万ドル(約3億5000万円)に増額され、全米女子オープンに次ぐ全米ネットのテレビ中継イベントとなる。なお米国大手ネットワークNBCが週末の中継を放映することになる。

1955年に発足し、ウェグマンズ社によりスポンサーされてきたこれまでの全米女子プロ(LPGA選手権)は、LPGAコミッショナーのマイク・ホワン氏によれば、同社はスポンサーから降りることになっている。

この新しいPGA・オブ・アメリカとの提携について、これまでのLPGA選手権(全米女子プロ)に3回優勝しているナンシー・ロペスは「自分はLPGA選手権が次の大きなステップに前進することを喜んでいる。私にとってこの大会は全てのプレーヤーが目指す特別のイベントだったが、今回、全米にテレビ放映されることになり、しかも賞金が増額され、開催場所も移転されることになった。そしてこれは女子ゴルフや仕事に影響を与えることになるだろう」と語っている。

この提携は女子のティーチングプロも含まれることになる。PGA・オブ・アメリカはそのメンバー27,000人の中に女性も抱えている。またLPGAも独自のティーチング、クラブプロ部門を有している。ホワン氏(前出)の話では、来年からの全米女子プロ選手権(LPGA選手権から女子PGA選手権と名前が替わる)には、両団体からのクラブプロ枠8人程度が含まれることになるとのことだ。

ちなみに今年の全米女子プロは8/14~17、最後の名前(LPGA選手権)として開催されことになる。(AP-ESPN.com 5/29)

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • グローバルゴルフメディアグループ、事務所移転のお知らせ

  • マジェスティパター MJ181Mは狙ったラインをはずさない高級パター

  • perfect pro 2018 – パーフェクトプロWebカタログ

  • Golf Pride 2018 – ゴルフプライドWebカタログ

関連記事

  • PGA・オブ・アメリカ、韓国へ進出

  • LPGAが厳しい新ドレスコードを設定。違反者には約11万円の罰金

  • “ゴルフは金持ちのもの” ドナルド・トランプ

  • 米国主要ゴルフ団体が自我を捨てゴルフ振興へ協力の誓い

  • LPGAは羽田空港で開幕式!

  • 全日空がLPGAメジャーのタイトルスポンサーに