1. 国際ゴルフ連盟(IGF)がオリンピックゴルフ競技形式変更を検討

国際ゴルフ連盟(IGF)がオリンピックゴルフ競技形式変更を検討

プロ・トーナメント関連
この記事は約 2 分で読めます。 259 Views
ワールドトピックス

リオデジャネイロ発 - 現在行われているリオオリンピック競技の形式、男女共に72ホールストロークプレーに対する苦情が出ていることは知られている。そしてそれに対する改善提案も寄せられているが、その中には、セルヒオ・ガルシアが提案している個人競技と並行して、男女のミックスダブルスによるチーム戦のアイデアも含まれている。

ガルシアは「自分は少し変わった形式が好ましいと思う。ダブルスではなくシングルスやミックスダブルスも面白いと思う」と話している。

IGF会長のピーター・ドーソン氏(元R&A会長)によれば、標準的なストロークプレー形式を使用する決定は大部分が必要性から出てきたものだという。

「そこには難しい現実問題がある。国際オリンピック委員会(IOC)の望みは、オリンピックはそのスポーツの主流にいるチャンピオン対チャンピオンの戦いであるべきで、普段使われないような試合形式は好ましくないとしている」と説明している。

ドーソン氏は、もしチーム戦が必要になるならまた別のスケジュールが必要になり、今年のように厳しいスケジュールに加えることは困難が予想されると考えているようだ。

しかしながらドーソン氏は、

「IGFとしては、2020年(東京大会)までには、可能性のある形式を検討するだろう」とし「多分何らかの変更を期待できるだろう」とコメントしている。

試合形式に関する如何なる変更も、2017年9月に行われるIOC大会を通して検討される一般ルール検討の一部になるだろうとのことだ。(ゴルフチャンネル、ゴルフセントラルブログ 8/10記事より)

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの注目記事を受け取ろう

ワールドトピックス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

トム河北(翻訳者)

トム河北(翻訳者)

長年ゴルフ用品メーカーに勤務、商品企画、広報宣伝、海外業務を担当。退職後はその経験を活かし、主にゴルフ用品に関連する執筆活動を開始。最近は海外ゴルフ関係ニュースの翻訳、ゴルフ用品関連座談会司会、海外メーカー来日時のインタビューなどでゴルフ専門媒体に協力している。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ブリヂストンゴルフ、次期CEO社長にダン・マーフィー氏を任命

  • ゴルフ用品偽造品対策の成果

  • 米ブリヂストンゴルフCEO、イラガン氏が退任

  • R&A「女性ゴルフ強化憲章」を発表 女性ゴルファー増へ115億円を投資

関連記事

  • 2020年東京オリンピック、ゴルフの競技形式はリオ五輪と同じく個人戦の見通し

  • 2024年の夏季オリンピックも引き続きゴルフが正式種目に

  • リオオリンピックのゴルフコースが苦境に・・・

  • オリンピック復帰は成功とIGFドーソン会長

  • 112年振りのオリンピックゴルフが高視聴率獲得

  • 新しいゴルフの歴史を作るオリンピック